外壁塗装,家の塗り替えを千葉で選ぶなら千葉市の外壁塗装チーム「マジックデコレーション」へ

マジックデコレーション

  1. HOME
  2. マジデコBlog
  3. 住宅塗装におけるこんなはずでなかったとの街の人の声事例のアーカイブ

住宅塗装におけるこんなはずでなかったとの街の人の声事例アーカイブ

住宅塗装におけるこんなはずでなかったとの街の人の声事例の最近のブログ記事

外壁色提案⇒お客様のご希望のイメージ(近似色)がやっと見つかりました。

約1カ月の間、試行錯誤して色を拾っていましたが、お客様が探していた外壁色に

近い(近似色)が見つかりました。

最終的には、かなり繊細な色なので色見本による色合わせが困難だった為

現場調色対応となります。(近似色から微調整をします)

 

他社様(塗装業者)にて、塗装されてご不満を抱いておられるお客様のご対応です。

外壁色については、慎重に選ばなくては、失敗を招きます。

事の次第は、日本塗装工業会の約300色の色見本帳にて塗装業者様の

ご提案というか選んだ色(赤系)の色が、かなりイメージのものと異なっていたといいうことです。

 

お話を聞いた時点で、失敗する可能性が高いと思われましたが。

色の目利きがない方ですと、日本塗装工業会の色見本すらも使いこなせていないせいか

千葉の住宅塗装工事をみても、施主様のイメージと実際に塗装された家の外壁色が

ずれていること多々あります。

外壁塗装工事の失敗事例の中に外壁色の選択ミスといいましょうか

色選びの失敗といいましょうか

施主様のイメージと実際の塗装色のズレの要因がかなりのウエイトを占めております。

ゆえに、マジデコでは。こと外壁色の色彩計画には慎重に慎重を重ね

幾重にもヒアリングを重ね、すり合わせ作業を行います。

それでも、100%とはいかないのが外壁色提案の難しいところです。

 

お盆明けに、施主様の赤いイメージの夢をかなえるためにマジデコ塗装スタッフは

得意の現場調色技術を駆使し、お客様のご期待に答えられるように努めます。

 

他社様をかばうわけではありませんが、

外壁色の色選びは、長年塗装業に携わっている方でさえ、失敗するリスクを

持ち合わせているということです。それほど、

つきつめると、難しいですし、簡単に済ませようと思えば簡単だということです。

だから塗料メーカーカタログ記載の標準色から

無難な色を選択することが多いのかもしれません

 

本当にたくさんの外壁色から素敵な外壁色を探し出し、ご提案するというのが

マジデコ塗装監督であり、アートディレクターの仕事のひとつですから。

弊社マジデコで、現在、外壁色の御相談をいただいております

新築時の外壁色を一部好きな色に変更したかったので

地元の塗装業者に依頼した模様。

色は赤系の色。

玄関扉廻りの壁。

既存色はグレー系。

イメージしていた、やりたかった色でなかったので再度、塗装しなおしたいと

相談いただいております。

 

反省点

1.認識の差異の原因は、お客様の立場にたった十分な説明が不足していたこと。

2.塗装業者の色に対する目利きが不足していたこと。

3.日本塗装工業会の色見本帳で小さな塗り片にて安易に決めたこと。

4.十分な色の打ち合わせ、ヒアリングもあまりせずに工事を進めてしまったとのこと。

5. 初めからお客様のイメージを違う認識でとっていたことから全てが起因している。

 

 

 

要約すると、大きな点でいえばこんな感じです。

塗装の仕事に携わっても、普段経験していないことはやはりできないものです。

その後、塗装業者数社に問い合わせしたけど、どこも対応できずに

廻り巡って弊社マジックデコレーションへとお問い合わせいただいたようです。

 

仕事の大小ではなく、必要とされることを意気に感じます。

 

ベース部分はサイディング。一部、モルタル スタッコ。

アクセントとして赤系の色みを入れたかったとのこと。

イメージの写真を拝見させていただきましたが、僕なりに

お客様のご意向は把握しました。

十分なヒアリングと双方の認識のすり合わせの相互確認で

幾重にもチェック。

 

ヒアリングを重ね時間を要していたとしても、色のトラブルは起こりがち。

それほど、外壁色の色の認識のずれは塗料メーカーの差異、塗料の仕様の差異、

担当者の差異、人が違えば色も見え方が違ってくる。

それだけ、難しいものです。

塗料によっても、艶のあり、なし、グレード・水性・油性・模様によっても異なってみえる外壁色。

 

現在、お客様のイメージの赤の色を探しております。

本件、早期の解決に努めさせていただきます。

住宅塗装における外壁色のご相談も、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

パターン1⇒えっ  職人さんって一人だけですか??

          営業さんから、2、3人で入るって聞いていたけど、実際は一人しかこなかった

 

パターン2⇒えっ  熟練の職人さんって聞いていたけど、

          実際、作業にはいった人は、職人というより、作業員みたいな人でした

          実際、作業にはいった人は、経験がまだ浅いおにいさんみたいな人でした

          実際、作業にはいった人は、素人の私からみてもちょっと??な人でした

          実際、作業にはいった人は、話ばかりしてて、笑い声や話し声ばかりで

              職人という感じではない人でした

          実際、作業にはいった人は、下請けの人で、元請の悪口ばかりいって気分が

              悪かった

          実際、作業にはいった人は、本当は塗装の仕事なんかやりたくなくて、別の仕事

              やりたいって、現場で施主の自分に話し、失礼だとおもいました

 

 

    仕事のありがたさを忘れてしまった人は、言葉に態度に出てしまいます。

    まずは、相手(お客様)のキモチを考えてあげましょう。。。。

                                              (監督談。。)

          

         

      

お問い合せはこちら

このページのトップへ

マジックデコレーションオフィシャルブログはこちら

Copyright © 千葉の外壁塗装なら。magic decolation inc. All right reserved.