外壁塗装,家の塗り替えを千葉で選ぶなら千葉市の外壁塗装チーム「マジックデコレーション」へ

マジックデコレーション

外壁塗装千葉の作業の様子
  1. HOME
  2. マジデコBlog
  3. 2009年11月のアーカイブ

2009年11月アーカイブ

2009年11月に書かれたブログ記事です。

いつも感じています。

 

とあるところでは、みっともないまでの業者間の悪口。。。

 

悪口をいうほう。。。

 

自分の胸に手をあててみてください。

 

自分で恥ずかしくなるようなことありませんか??

 

 

いっているほうも、聞いているほうも気分良くないし。。。

 

住宅街での塗装工事。

 

足場が立ち塗装工事が始まる。

 

お客様はその業者さんを選び、業者さんはお客様に選んでいただいた。

 

これは業者さんの日々の努力の賜物である。

 

僕は、業者間でもスポーツマンシップにのっとって

 

健闘を称えあう

 

お客様に選んでいただけるよう頑張る。

 

それが、すべて。。。

 

 

僕は想います。

 

自分にとって大切なのは、この大切なマジデコの仲間達が安心して仕事ができる

環境。。

 

笑顔でいられる自分たちの居場所を。。。護る。

 

現場で働く人の気持ちをちゃんとわかってあげること。。

 

他業者間でも、街であったらちゃんと挨拶すること。

 

スポーツから学ぶこと多々ありました。。

 

仕事 対 仕事 で生々堂々勝負して

 

あとは、街の皆様に選ばれるかどうか??

 

街の皆様に応援していただけるよう頑張ります。

                           (監督談。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、現場で、皆が

楽しそうに仕事しているのが遠くから見えた。

 

お客様にも各自、名前で声かけてもらったり。。

 

うん。うん。

 

もう ほんとに嬉しくて。。。

 

今夜のご飯はきっと美味しいはず。

 

今夜のメニューは、大好きな「カレーライス」

 

ちなみに、皆様はカレーになにかかけますか?

僕らの間でも、ノーマル

         マヨネーズ

         しょうゆ

         ケチャップ

         ソース

         天つゆ

 

   意見が分かれます。  

僕は、しょうゆかな?カレー専用、(減塩しょうゆ) 

 

現場が楽しいっていってくれる皆は、僕の宝物です。

これからも、チカラを合わせて頑張ります。

 

向上心の塊の皆に遅れをとらないよう、毎日が勉強です。

 

油断すると、僕が知らない知識をししくんやあくっちゃんが知っているんですよ。

 

皆で、心から慕う親方(社長)を楽させてやるんだって。。

年末年始には、温泉にでも連れて行ってあげたいなと想う今日この頃です。

残り一ヶ月、怪我だけはしないように気をつけてね。。

 

 

本日、足場解体。

 

僕たちの「デコレーション」完成!!

 

みんなお疲れ様でした。

 

あ あまりの変わりように僕は想いました。

 

女性のお化粧の良否でより「ステキ」になれるように

 

街も塗装しだいで、より「ステキ」になる。

 

家自体は魅力的なのに、塗装の良否が街の品格をきめていく。

 

家が本来もつ魅力を引き出してあげたい!!

 

高級住宅街と謳われた街も、時間とともに品格が変わっていく。

 

それは、とても悲しいことである。

 

あなたの街を「ステキ」にしたい  マジデコです

 

 

千葉市塗装工事ベルアート

千葉市塗装吹き付け

千葉市塗装施工例

千葉市塗装施工例

千葉市塗装工事施工後

千葉市住宅塗装

千葉市花見川区住宅街塗装

千葉市塗装住宅街

千葉市住宅街塗装施工例

千葉市塗装住宅街

千葉塗装住宅施工例

千葉塗装住宅街施工例

千葉家の塗り替え住宅施工例

 

 

  千葉市外壁塗装施工例  

千葉住宅街塗装施工例

   

 

千葉市塗り替え施工例  

 

 参考 施工前

千葉市塗り替え施工

参考 施工前

千葉市花見川区外壁塗装

千葉市住宅街塗装

現場にこれなかった ししくん、ゆうきくんも 凄く残念がっていました。

 

塗りたかったー  。。俺に塗らしてくれーって。。。。(笑)

 

最後、あくっちゃんが現場にこれなくて 足場解体どうだった??と

そわそわしてて、今日、画像みた あくっちゃんはニコニコしておりました。(笑)

 

自分が手掛けた「デコレーション」がかわいくて仕方ない僕たち

今度は、皆で現場にいこう!! (監督談。。)

 

 

 

工事中、お客様、近隣の皆様。街の皆様。

 

本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。(スタッフ一同)

 

 

マジックデコの現場は、現場の職人が主役です。

 

絶対に寂しい想いは、させません。。。

 

皆の仕事ぶりを誰よりも理解している監督が

 

働く職人の気持ちを痛いほどわかっているから。。。。  (監督談。。)

 

 

 

大きく分けると下記のように分別されます

 

 営業 + 協力会社(下請け)

 

 営業 + 協力会社(下請け)数社 + 事務員

 

 職人のみ 

 

 

 マジックデコの考案したスタイル

 (現場監督 + 職人)    

   親方が社長であり現場のディレクターとして作業に入るところが出色                      

   現場監督が社長をサポートし、マネージャーとして現場や事務、営業すらも兼務 

 

     営業(工事受注)⇒ 職人(請負)  (一般的) 

 

  ( 職人+監督)「現場から提案」し、工事受注 (弊社) 

      間接経費を削減し、直接経費に注ぐ  監督が営業の役割も兼務

                  専属の営業不在。 

             

 

(監督の才+職人の才の融合。。。がお客様に一番メリットが出る新しいカタチ!

                            10年考えだした答えです。。。

   

圧倒的営業経験と現場監督経験を併せ持つ 監督

        圧倒的現場経験と現場管理経験を併せ持つ 親方&職長

 

    監督+職人⇒(技術屋の提案)

 

            =営業に匹敵する 訴求力                                    

   

    

 

出会いからちょうど10年。。

早いような短いようなあっというまだった。

それぞれが、数ある仕事の中から塗装という仕事を選択し、

そして、選んだ仕事に誇りを持ち、向上心をもちながら突き進んだ。

 

立場は違えど、「いい仕事」への想いは皆、同じだった。

 

10年前に、初めて現場で安部親方に出会い、いまとかわらない笑顔の親方。

当時、営業兼現場監督?塗装のトの字も知らない僕がなぜか塗装の必要性を街の皆様に

伝えながら、なんとなく仕事を頂き、インターホンをピンポン、ピンポンして

一生懸命話し、熱意でとっていたと思われる。

 

いわゆる僕は元請けの営業。

 

安部親方は、下請けの親方。

 

世間的には、一緒の会社。

 

ただ、内訳は元請け・下請け。

 

お客さんは知らない。下請けは3から4社。。

 

会社はうちの職人だっていいはっていたが。。。

 

いつの間にか、会社が偉くて職人は仕事をもらっているから

 

なんとなく、職人さんがぺーぺーの僕なんかにも気をつかってくれているのがわかった。

 

僕は、このなんとなくの主従関係みたいなやつが嫌だった。

 

僕の父も元ブロック職人であった。

 

だから、父も仕事をもらう元請けさんにこんなふうに気をつかっていたのかな??

 

家では、職人だって誇らしげだったから余計。。。

 

父の仕事を時々、手伝ったこともあるが、やはりそこは、職人だった。

こだわりをもち、現場での父はなんだかまぶしかった。

しかし、給料日あとの父はいつも寂しそうだった。

当時、従業員2人の職人さんを抱える小さいけど社長だった父は、夜に計算機をたたきながら首をかしげていた。

ただ、僕らにはそんな弱気な顔をみせなかった。。。

 

職人って凄くかっこいいし、日々、技を自分を鍛練し、あくなき向上心のため

だれもみていないメッシュシートの裏側でライバルは自分といいきかせながら

汗をぬぐいながら頑張っている。

 

なんにも取り柄のない自分はみていて情けなくなったし

職人のあこがれがあった。ただ、適性はなかった。。。

 

がむしゃらに営業をし、ひたすらまず人に自分の熱意を伝えた。

当初、壁を感じていたけれど、知らず知らずのうちにその壁を打ち破り、

月にまとまった工事の依頼をうけるようになっていった。

 

そして、何かひとつでも自信がほしくて 塗装 が知りたくて知りたくて夢中で勉強した。

 

そして、塗装がわかるようになっていきさらに仕事が楽しくなっていった。

 

そして力をつけ、その構図をなんとか壊したかった。

僕にとっての職人さんは、パートナーであり、健闘をたたえあるげべき仲間であってほしかった。

 

ただ、会社と僕の考えにはズレがあった。。

 

いくら職人がいいしごとをしようとも称賛や賛辞を受けるのは

いつだって、営業の僕を含めた「会社(営業)」であった。。。

職人の足跡はいつのまにか消え、そこに残るのは会社の足跡でしかなった。

塗装がすこしずつわかるようになったころ、施工管理技士を受け、合格した。

 

日々の職人の仕事の良し悪しもそのころになるとわかるようになり

職人の手を抜くのも見抜けるようになった。

現場で職人を怒鳴り、叱責したこともあった。

 

お客様の夢をかなえたかったから。。。

何度、みても安部親方の仕事ぶりには、いつも感心していた。

僕が見て綺麗ですねっていっても彼はうなずかなった。。。

もっとあーしたい。こーしなきゃいけなかったといつだって反省の声ばかりだった。

 

僕もそんな安部親方のファンであり絶大な信頼があった。

ししくんやあくっちゃんも安部親方の弟子さんだったから、当然、そんな感じだった。

親方の背中を追いかけ、いつか超えることを夢みたいたのだと今振り返ればわかる気がする。。

 

塗料は、半製品。 定型の塗料なのに、わざと色と想いといろんな要素で

職人が違えば、まったく違うふうになる。

まるで魔法のよう。。。。。。。。

 

街でみかける塗装工事。僕はいまだかつて自分が納得できる工事には至ってない

 

ひょっとしたら、一生そう想いつづけながら仕事をしつづけるかもしれない

 

これは、たぶんあの日感じた親方のあくなき1グレード上へのこだわりを 見た気がしたから

僕も皆のように親方に認めてもらえるように。。

そんな夢をみるようになった。。。

 

そして、運命に導かれるように、また、みんなが集まった。。。

 

あの時から、各々の向上心が今日の自分を創った。

 

みんな腕をますますあげていた。。。。

 

でも、僕だって、みんなに負けないように努力してきたんだ。。。

 

僕は、想った。。。

 

皆となら、あの日の夢をかなえられえる。

 

僕は、職人が主役になれる、笑顔になれる

そんな風景をずっとずっとみたかったんだ。。

 

僕が、脇役としてサポートすることで、皆を前面に押し出して誇りをもって

僕達の仕事ですっていえる。。

自分達の足跡を残せる。。。

 

塗装を超えた「デコレーション」 そこに、僕らの魔法をかける

 

それが、僕達の「マジック・デコレーション」というカタチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今、現場で魅せる「職人の笑顔、嬉しそうな顔」

それは、僕がずっと夢みていた、「みんなの顔」だった。。。。。。。

 

皆が見せてくれるレンズ越しの表情。。。。

僕は、その顔がみたくて今日も住宅街を歩いている。。。。。

 

こんなに素敵な仲間が僕を応援してくれるんだから、なんだか頼もしい。。

 

住宅街を見渡しても、僕はやっぱり、僕らの「作品」が一番すきだ。。。。

 

そこには、誰にも負けない僕らの「想い」がたくさんつまっているから。。。。

 

 (監督談。。)

 

木部の色、イメージとの刷り合わせにこの何年かでの一番迷いましたが

このクリーム色への木部へのイメージ。。 

感性を研ぎ澄まし、そして、生まれます。 

 

 

調色してくれたのは、安部親方.. そして あくっちゃん。。

 

ステキな色を作ってくれました。

 

僕のカラーに対するこだわりに期待以上に応えてくれる頼もしい仲間たち。

 

クリームの壁にブラウンの配色が映えます。

 

 

僕もこんな家に住みたい。。。(夢。。。)

 

親方、あくっちゃんも納得の表情。。

うちの職人さんはホント頼もしくて助かります。   (監督談。。)

 

街をデザインするマジデコ職人の彩

 

 

(ディレクター)安部親方&(チーフ・ディレクター)阿久津の業のコラボレーション

 

(デコレーション展示会)

 

 

千葉市外壁塗装作業風景

千葉市塗装作業状況

千葉市花見川区塗装作業風景

千葉市塗装作業風景

千葉外壁塗装作業風景

千葉市塗り替え作業風景

 

千葉市塗装作業風景

千葉市塗装作業

千葉市外壁塗装作業

千葉市花見川区塗装作業

千葉市塗装風景

SANY1540.jpg

千葉市花見川区塗装風景

今日は、色についてちょと困っていました。

すると、何事もなかったように

親方とあくっちゃんが僕をフォローしてくれました。

「ごめんねっ。申し訳ないって」ていうと、笑顔で「いいよ。。いいよ。。って。。」

 

塗装工事は、やはりチームスポーツであるかのよう。。

 

ハンドボールに明け暮れた中学・高校も仲間がいつも僕を支えてくれた。

 

今の環境は、あの時がタイムスリップしたかのように

たまに錯覚する。

信頼できる仲間とする仕事は格別である。。

恩ばかり受けて、まだ、借りを返せてない自分が情けないと思いつつ、

いつか出世払いでと固く誓う僕を気長にまっててねと。。  (監督談。。)

 

千葉市塗装屋根

千葉市花見川区屋根塗装

工事も進み、お客様もすっかりマジデコの職人の名前を覚えていただき

親方やあくっちゃんが、お客様のお子様と楽しそうに話していいる風景を

とおくからみえた時、嬉しくなる。。。

今日は、あくっっちゃんがお子様にいもり?とかげ?やもりを

とってあげららしくて。。(笑)

 

今、施工邸のご夫妻はなんとハンドボール部だったらしく。

僕もハンド部だったので、もうハンドボールの話でついつい

熱く話してしまいました。

 

 

メッシュシートを何枚かはがして

 

「デコレーション」のカタチが見えたとき

 

お客様が。。。お客様のお子様が家を眺める。。

 

そばで、僕らはその様子をドキドキしながら、見守る。

 

表情が緩み、笑顔が見えたとき、僕らが互いに健闘を称えあう。

 

僕たちにとって、「お客様の笑顔」が最高の勲章であり誇りです。。。

 

たくさんの街の人に喜んでいただけるよう、僕らは

街をステキにしていく。。。。

 

やはり、街で一番ステキにしたいと想う。。。。

 

千葉市塗装屋根中塗り

千葉市屋根塗装中塗り

千葉市花見川区屋根中塗り状況

千葉市屋根塗装中塗り

千葉市塗装屋根中塗り

 

千葉市花見川区屋根中塗り

千葉市屋根塗装

千葉市屋根中塗り

千葉市外壁意匠性塗料

 

千葉花見川区ベルアート塗装

 

千葉意匠性塗装ベルアート

千葉市意匠性塗装ベルアート

 

千葉市塗装ベルアートベージュ

千葉市意匠性塗装ベンジャミン

 

千葉市塗装ベンジャミンベルアート

千葉屋根中塗り

千葉市屋根中塗り状況

やっぱり、、、、、職人の技ってすごい。。。。

 

僕はいつも親方やあくっちゃんやししくんを見て

 

つくづく尊敬の念を抱き、また僕は皆に「ありがとう」って深く感謝する。。

 

お客様のご家族の夢と

僕たちのご家族への想いが重なると。。。

  

「熟練の職人の技と彩へのセンス」+

 

    「監督の彩へのこだわりと色への感性」

 

圧倒的経験に裏づけされた自信と確かな施工に

 

様々なシーンを彩ってきた感性のコラボレーション

 

これは、工事を依頼して頂いたご家族への感謝の気持ちのカタチである。。。

 

    

                

 

SANY1363.jpg

 

 

幼少より考えごとしたり、悩んだりすると

きまって空を見上げた。

夜空を見上げた。

視野がせまくなっているんど 僕は。。。

世の中には、もっともっと 大変で苦労している人がたっくさんいるはず

そういいきかせながら。。。生きてきた。。。。

 

そらを見上げると、雲が動いている。。

 

どこからきて、どこへゆくのだろう。。。。

 

そして、今日空を見上げたら

「飛行機雲が空に浮かんでいた。。。」

 

千葉市住宅街塗装現場風景

よし。。元気だして いこう。。

 

自分で励まし、自分を奮い立たせる

 

セルフサービスである(笑)

 

現場で、皆の真剣な眼差しをみながら

僕はいつも勇気をもらうんだ。

いつも、ありがとう。。。

(監督談。。)

僕の大好物の中に、お茶漬けもかなり上位にランクインされているのですが

お茶漬けの種類の多岐にわたります。

 

以前は、サケ茶漬けがお気に入りだったのですが

最近は、梅茶漬け。。。。

 

お酒飲んだ締めの 茶漬けもやはりたまりませんね?

 

今日の気温は、12月の気温らしいのですが。。。

施工邸の奥様から教えていただき、身が引き締まる想いでした

 

雨に打たれながら、街を見渡すと

ひさしぶりに

「カエル」を発見しました。

まさか、このカエルが、、、、、おたまじゃくしに足が生え、、、、カエルになるなんて

子供のときカルチャーショックをうけました

 

おたまじゃくしは、うなぎの子供かと思って、大事にそだてて

うな重に。。。と 今考えたら、ほんとどうしようもない子供でした。

 

小学校のときに、宮崎県の故郷の小学校で校内アナウンスにて、職員室に呼び出しをくらいました

 

僕は、罪深き人間でした。

 

畑にスイカが大きくなってたので、友達と一緒に「スイカ泥棒」なるもので、実刑、校内草むしりの刑

 

にて処罰されました。

 

憧れのスイカが目の前にあり、どうしても食べたくて。。。。

先生にこっぴどくしかられた過去を深く反省しました。

 

あとで農家のおじさんに「ごめんなさい。。。」って泣きながら謝りにいくと

その農家のご夫妻は縁側で「食べなさい」って、スイカを切って僕らに食べさせてくれました。

 

スイカ食べたかったのなら、「いってくれたらあげたのにって笑ながら話してくれた あの夫妻は」

今でも感謝しております。

 

雨がふってなんか想い出したら僕の少年時代やら中高時代のエピソードなんかもお話しします(笑)

 

(監督談。。)

 

 

 

 

雨の日にたまに想い出す、少年時代や青春時代。。。。

これは、僕の毎回気にしていることなのですが

やはり、高圧洗浄時や壁の主剤吹きなどに使用する

コンプレッサーの電動音による騒音。。

 

なにかいい手はないかと、それこそ10年来の悩みの種です。

 

街の方からありがたい声を戴きました。  特に近隣の普段ご在宅の方などには

ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。

 

 

街の方の声。。本当にありがとうございます。

 

未だに解決策が見つからない課題のひとつです。

是正できるようにスタッフ一同、再度考えてみます。 

                          (マジデコスタッフ一同)

ものごころついた時から、

気がついたら、広島カープのファンでした。

恐らくですが、あれはたしか、川口投手・北別府投手・大野投手などが

対 ジャイアンツの巨大戦力に対し、ひるむなくことなく

立ち向かう闘志をみて、幼心に小が大を制する(表現が間違っていたらすみません)

姿に深い感銘を受けて。。

 

僕も大きくなったら、あんなかっこええ大人になりたいし。。。みたいな感じでした

 

かつては、投手大国はたまた、数年前までは脅威の打線。

そして、今。。。

 

今年注目のドラフトでは、今村投手を獲得

堂林選手、武内投手、庄司選手、伊東投手、川口投手などまずまずの成果に

大変満足しております。

来年、開幕したら、球場に応援に行きたいと思っております

野村監督以下、カープの皆様是非優勝を目指して頑張ってください

 

是非、投手王国復活を!! 来年は、今井投手と相澤投手と篠田投手に注目しております

 

西武から自由契約になった、ベイアス投手を是非獲得してほしかったのですが。。。。。

 

すみません。マニアックな話で。。。

 

マジデコの皆にもカープを応援しようとアプローチ中です。(笑)

 

たぶん、赤が好きなのも由来していますね

 

弊社「マジック・デコレーション」は、各人の人柄や個の才を前面に出しております。

 

その集合が、僕らの「彩」を生み出すチカラとなっております。

 

これは、僕らが会社の小さな枠としてでなく

一人の職人かつ人として個人の裁量かつ気持ちでお客様に向き合ってほしい。

 

との願いを親方(社長)がもっていることより実現しております。

 

仕事のありがたみを心から感じられる僕たち「マジデコ」は、

現場でのお客様との距離感が本当に近いため、お客様が僕たちを名前で呼んでもらえるくらい

アットホームな雰囲気です。

そして、工事修了後も、お客様がご友人やご家族を紹介していただいたり、現場に入った

僕たちのファンになっていただき、プレゼントをいただいたり、ビールをいただいたり、お菓子をいただ

いたり、なんだかお客様の子供のように接していただいたり。

ほんと、僕らは恵まれているんだなと実感します。

 

ひとつの街で、施工邸から近隣、近隣から

街全体に広がり、ひとつの街で広がりを見せます。

そんな応援して頂けるお客様へ僕らは心から御礼申しあげ、

日々の仕事で応えたいと想って頑張っております。

 

親方の想いを僕らスタッフが受け取り、駅伝のように 想いのタスキを繋いでいけたら。。。。

 

 

弊社は、現場監督と職人のみの才が彩を生み出す独自の形態をとっております。

営業を排し、現場から直接、提案を発信することでそこにいきつくまでの

様々な間接経費をカットし、その無駄を現場への直接経費を増やし、僕らが納得できる仕事として

お客様に還元。(低料金化かつ、塗装仕様のグレードアップを実現)

それでも、営業を介した業者様より低料金となります。

 

現場での僕たちを是非、ごらんください。

色の相談、塗装の相談、職人と監督が現場からの生の声でお答えいたしま

す。

「オンリー1」カラーソリューション  マジデコ

 

営業主導の提案と現場主導からの提案と

 

決定的違いは、圧倒的経験値からの実践的知識でしょう。

 

11月23(月)開催です

 

後日、ご案内させていただきます

どうぞお気軽に現場を覗いてみてください!

 

僕らは、現場から伝えたい。。

あくなき1グレード上のこだわりぬいた仕事を。。。

お客様から託された大切な場所への想いを。。。

たくさんの街を創ってきた僕らの「オンリー1」カラーソリューションを。。。

「デコレーション」と称される僕らの「作品」を。。。

 

僕は伝えたい。。。マジデコのかけがえのない職人たちの素顔を。。

真剣な顔や屈託のない笑顔を。。。会社という枠を通り越して

 

一人の人として、僕らはお客様と向き合いたいと想っています。

不器用かもしれないけど、うまくいえないけど。。。。。

そんな大好きな皆とお客様をつなぐ架け橋として、街の皆様に紹介したいのです。(監督談。。)

 

SANY1205.jpg

SANY1202.jpg

SANY1234.jpg

現在の、もう一軒の施工邸の奥様は、実はダイバーとのこと。

ホームページの画像より、僕がダイビングしていることを知り

夕方に、たくさん海のはなしをさせていただきました。

なんと、ご主人様もダイバーとのことで、ほんとステキなご夫妻です。

ご夫妻の豊かな愛情に僕らもほんと気持ちがはいっております。

 

工事風景は後日、まとめてアップいたします。

ちょっともったいぶらせて戴きます。

今回にいたるまで、凄くドラマチックでした。

ほんとにありがとうございました。。

 

ちなみに、今回もかなりカラーリングにはこだわわせていただいております

 

一言でいうならば、バラの香り   「 ローズピンク 」 (イメージ)

街でみたこともないような、デコレーションをお見せします。。

 

バラの花が咲く頃、どんな景観をみせてくれるのか???

ご家族の大切な場所。。。ほんと、毎回、現場が楽しくて仕方ありません。。

塗装って、ご家族のコミュニケーションとしても凄くいいと想うんですよね。

僕らの感謝の気持ちを 「デコレーション」としてカタチに残します。。

 

 

監督・営業・デザイナー・詩人 なんだか不思議な人と称される僕ですが、

何を考えているのかわからないとの質問?には、即答です

 

すみません。。。何も考えてないのです。。。 

                         (監督談。。)

 

休憩の合間に、キックボード発見

 

僕らマジデコは、目をキラキラさせながら

一回でいいから、乗ってみたかったんだと

お客様のお子様のものですが、借りてしまいました。

すみません。。。。。

まっさきに、走りだしたのは「あくっちゃん」

 

華麗なる走りでしたが、シャッターチャンスを逃してしまいました。

 

親方「あべさん」も、、面白い、面白いと乗るわ 乗るわ

 

ライダーの真剣な目で街を走っておりました。

 

結構、はしゃいでおりました。。。

 

 

あっくんものりなよって。。こっちこっちって。。(笑)

 

これが、ほんと絵になるから凄い(笑)  

親方は、バイクが趣味でございます。

暖かくなると、お友達ご一行で ツーリング という

ステキな趣味があります。

 

こんな笑顔がいつも絶えない僕ら「マジデコ」。

ご近所さんも、顔見知りになってきました。

笑顔で微笑んでもらったりしております。

 

ときおり、子供みたいな僕らですが、ひとつ宜しくお願いします。。 (マジデコスタッフ一同。。)

 

SANY1268.jpg

SANY0577.jpg

SANY0580.jpg

SANY0579.jpg

 

 

 

SANY0576.jpg

SANY0684.jpg

SANY0521.jpg

 

SANY0888.jpg

 

 

SANY1184.jpg

遮熱塗料の見解

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨今のエコブームを物語るように

 

塗装業界でも、塗料メーカー・施工店を含む

 

空前の遮熱ブーム。。

 

とどまるどころか、ますます加速する。。。

 

ただ、僕想う。。

 

 

屋根基材の温度を上昇させる太陽光の赤外線を、塗料に配合した特殊顔料が効率よく反射させる

 

ことにより    屋根の温度を約10から15℃下がると

 

カタログ上表記され、塗料各社それ以上とも

 

うたっていところもあったり、夏にクーラーを使わなくてもよくなったとか。

 

お客様体験談なども、あっちにもこっちにも記載され話題を呼んでおります

僕ら、マジデコの応援団が、新しく加わりました。

 

SANY1184.jpg 

 

 

デザインというか、ちょっとこだわりました。。。時間ないわりに。。 

 

かなり力になってくれそうです

 

今日、現場楽しみにしていたのに天気には勝てません。

 

明日が楽しみです。。      

 

こんな日は、普段頑張ってくれている職人の皆はゆっくり休んでね。

365日でも休みなしで働けるのではと最近、チャレンジしてみようかなんて

ひそかにもくろんでおります。

 

遊びの誘惑には、結局まけちゃうけど。。(笑)

今月は、一日だけ休みとって、栃木の宇都宮に餃子を食べて

温泉にでもつかってこようかなと想っております

 

それまで、頑張りマース   (監督談。。。)

そーいえば、あくっちゃんは本日、ご友人の結婚式とかいっておりました。。。

最初、あくっちゃんまで結婚???

 

てげ、やばいし。。。みたいな感じでしたが。

 

 

千葉県外壁塗装施工例

 

千葉県外壁塗装施工例

 

 

 

千葉県住宅塗装施工例

 

 

千葉県住宅塗装施工例

 

千葉県外壁塗装施工例

 

 

千葉県外壁塗装施工例

 

千葉県住宅塗装施工状況

千葉県外壁塗装施工風景

 

  

 

千葉県住宅塗装施工状況

 

千葉県外壁塗装施工例

 

千葉県外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉県外壁塗装施工例

 

 

千葉県外壁塗装施工例 

 

千葉県外壁塗装風景

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装施工例

祈りが通じたか否か、天気は夕方までもってくれました。

いつ雨が降るか、かなり気にしながらの作業でしたが、僕らの自慢のツートップ

安部親方&あくっちゃんの見事な連携に、僕の声援(笑)

これに、ししくんが加わると最強。もちろん、ゆうき君もね

 

監督も働けよって、、。。想いましたが、皆がみていないところで

ちゃんと働いております。神様はちゃんとみてるはず。。。

 

今日は養生(ビニール貼り)。

堂田さん&職人の皆が組んでくれた、昇降階段つきのこのBIKE足場

僕らもすっかりお気に入りです。

やはり、塗装工事専門の熟練の足場職人の足場は、すごく使いやすい

いつもありがとうございます。

 

現場にくる途中に、塗装の職人さんが抱き足場を組んでいましたが

あれは危険だなと想いました。。。。。

足場はちゃんと組む。。これはモラルもそうですが、気をつけてもらいたいです。。。

 

さて、戻ります

二人の仕事はとにかく速い。。しかも丁寧。監督の僕はなーにもいうことはございません

僕は近隣の方に絡む養生の不足分や気にかかるとこをフォロー

 

   皆がその仕事に一目おく 現場責任者×3  

                       視点で現場を厚くケア

 

監督の視点

は、働く職人のお客様への熱い想い!!

それは仕事ぶりに表れます。

メッシュの裏側での、皆の想い。。。

 

僕には、十分伝わります。。。(監督談。。。)

 

もう、ほんっと最高です。マジデコの皆

いつもありがとう!そしてお疲れ様。。。

僕も頑張るから。。。

 

 

 

SANY1187.jpg   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1194.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1196.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1197.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1186.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1201.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1211.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1193.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1217.jpg

 

 

 

 

ケレン・目あらし

 

地味な作業ですが

大事。基材との密着性を左右します

 

 

 

 

 

SANY1225.jpg

 

 

SANY1207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1214.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、あくっちゃんが朝から一生懸命高圧洗浄してくれて、で施工邸の屋根・壁と付帯する箇所及び

 

周辺の道路まできれいにしてくれました。

 

水圧は150kです。                       

 

てげ、きれいになったったちゃが。。。(笑)

クリックで救える命がある。    

ちょっと共感しましたので。。。

 

また やってしまいました

カメラを。。。。。忘れてしまいました。。(涙)

きれいになったと、お客様が大変喜んでいただけました。

 

さすが、あくっちゃん。。。

 

そして、今日は、天気微妙なのと、明日の天気が雨っぽかたったので

あけることを決断しました。

 

ふつうなら、現場に入りそうですが

マジデコスタッフは皆、お客様想いです。

養生して明日、雨でストレス長引くのはちょっとと判断。。。

僕は、そういう職人が大好きです。

 

明日、天気にならないかな???

もう現場が、待ち遠しいです

 

屋根の色も今日、決まりました。

やはり、色の擦り合わせして正解でした。

 

すでに、完成が楽しみな気が早すぎる監督でした。。

相見積最大12社の中でも選ばれる、マジデコの訴求力 

僕らの塗装仕様、提案力は、千葉県内に点在する大規模戸建て住宅街という中で

日々実践してきたなかでの答えです。

 

壁を 3回塗りから4回 屋根を3回塗りから4回にする  

こんな次元ではないのです。

 

基材の状況や特性からタイムリーに判断し、現時点での答えを導きだしております

 

マニュアルというものでなく、ケーススタディ なのです。。

 

壁 3回塗り 屋根 3回塗りという、カタログ表記上、のあくまで標準の塗装仕様にて

の現場などございません。。。

あくなき1グレード上のこだわり 

上質への欲求は、こんな普通のことをやったくらいでは満足できません。

素人のお客様にも、違いをわかっていただけるくらいの仕事を心がけております。

 

だから、僕ら自身が誇れる仕事をするので、当然、選んでいただける下地はあるのです。

 

僕らは互いに自分たちの長所を最大限にいかし、できないことは仲間でケアしあい

塗装工事というものをひとつのチームスポーツととらえております。

 

僕自身、小学校はサッカー、中学・高校と社会人(途中まで)はハンドボール、

この何年か、スキューバダイビング。

スポーツを通じて大切な何かを。。。。教わりました。。

 

数人で現場に入るわけですから、

自分の与えられたポジションを全うし、日々反省・是正を繰り返しながら

今日に至ります。

同じ志の皆で協力しあえばいいのです。

幸いにして、技術、経験、センスにも優れる仲間が運命に導かれるように

また集まりました。正直、このメンバーでの仕事の質は高いという自負がございます。

 

塗装業界において、僕らの位置づけはかなり稀少性があるといわれております。

 

1.営業をおかない(専門の営業がいなくても監督が営業以上の信頼されるためにすべきことの

 ノウハウを有し、日々現場を巻き込んで実践している)

 

2.親方が社長であり、かつ現場にて作業をするプレイングマネージャーである。

 現場監督がサポートに廻り、かつ現場の職人の気持ちとお客様の気持ちを大事にしている

 為、現場とお客様の距離がかなり近いので互いに信頼関係を築ける。

 現場サイドも固い絆で結ばれており、その姿勢が施工邸、近隣の皆様、街の皆様にも共感を

 呼び輪が広がりおのずと口コミになりやすい

 営業が社長か監督が社長。職人(親方)が社長で監督がサポートに廻るというケースは。。 

   (本来は、逆が多いのです)

 

3.職人が技術的に優れ、高級住宅街を共に手掛け、職人指名でいただけるくらいの腕と

 人間性も街の人に支持されていること。

 皆、塗装暦10年以上のベテラン。親方にいたっては、塗装暦28年。さらに、自分の仕事に満足  

 しないあくなき向上心と職人の気持ちがわかる人間的にも魅力ある人で、僕らスタッフがずっと

 ついていくと決めているお互いの信頼感。そして、数々の現場で喜びや大変さをわかちあってきた

 絆。それは仕事だけでなく、家族ぐるみで皆つきあっていることでも強い絆が背景にある。

 職人のもつスペックと人間像、監督の感性と人間像が重なり、現場にここちよい雰囲気が

 生まれる。監督の南国宮崎県人独特のどこかゆったりとした人間性も街の皆様の警戒を

 とき、熱い情熱が街の人にもゆっくりと浸透していき、工事前から顔なじみになってしまう

 くらい気軽に街を歩き、知らない人にでも気軽に笑顔で挨拶している人の良さ(笑)

 

 

4.現場監督として、施工監理技士の資格所持だけならず圧倒的なまでの高級住宅街での現場経験

 及び、監督だけでなく 営業としても圧倒的な場数と経験してきたこと

 数々の高級住宅街にて、新規飛び込みにてお客様に安心され信頼をうけ選ばれて工事を依頼さ  

 れ、そこから口コミになるまでの実践的ノウハウを有していること

 監督兼営業として10年以上の経験と1000軒以上にのぼる場数をこなしていること

 あくなき向上心から、独自の視点と発想で今までにないスタイルを提案し、構築することで

 現場主導からの提案で、お客様だけでなく、職人にも様々なメリットをもたらす。

 「オンリー1」カラーソリューションを展開し、「デコレーション」と称されるその現場は

 カラーリングもさることながら、そのスペックの高さに見た人に夢を与えることができる

 

 

 僕らの魔法の「デコレーション」をお見せします!!

                                          (監督談) 

     

 

 

 

 

 

 

SANY1057.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、この「プレゼント」は、お客様から戴いたものです。

ししくんが、結婚する話したら、まだ、あったこともない

ししくんに、心優しい「お客様」から、しし君のもとへ

 

今まで、こんなの初めてで 嬉しそうに照れくさそうに

このプレゼントを身にまとい、現場にいけるのを心待ちにしている

ししくん。。。

僕は、このドラマチックな展開に感動を覚えました。

ししくんは、早速、「お客様に御礼の電話をいれておりました」

 

声を弾ませるしし君をみて、僕はただただ感動しておりました

 

 

こんな僕らを応援してくれる、お客様、街の皆様に僕らができることは

仕事で応えることです。

とびっきりステキな家にデコレーションをお約束いたします

 

本当に、プレゼントありがとうございました。。。。

(監督談。。。)

 

 

  

SANY0630.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれ初めての自分の名刺。

どうやって渡せばいいの???と不安そうに何度も聞いてくるあくっちゃん

 

カタチなんてどうでもいいんだよ

お客様に気持ち伝わればそれでいいんだ。。。。。。

僕は言いました。

現場は自分たちへの信頼の証。

僕らはその感謝の気持ちを、現場への取り組み方、

この「デコレーション」にカタチとして残そう。

職人(現場)とお客様が、繋がる。。。。

これは僕のずっと想い描いていた光景です。。。

ステキじゃないですか。。。

 

終始、照れくさそうにしてたあくっちゃん。。。

工事が終わると、「阿久津君」とちゃんと一人の人として名前を覚えていただき

向き合って頂いている そんな風になりました。。

 

人が心を通じ合わせて、そこに絆が生まれる。。。。 

 (監督談。。)

_94C3468.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_94C3490.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_94C3591.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0624.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0604.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0629.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  SANY0611.jpg 

 

 

 

 

SANY0610.jpg 

 

  SANY0606.jpg 

 

SANY0622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0621.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0617.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0623.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1192.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1189.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1198.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1196.jpg

SANY1194.jpg

 

 

 

 

 

SANY1209.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1208.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1186.jpg

 

 

 

SANY1201.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1203.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1210.jpg

SANY0847.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装工事に特化した

 

足場の職人として、何十年の経験を各人がもち、皆が

「足場組み立て等作業主任者」の講習を修了している。

資格の知識に熟練の「業」がコラボレート。

現場毎に、僕ら「塗装職人」と反省会を実施する。

 

そこには、お互いの敬意を表しながら、現場が終わる度に

健闘を称えあう。これが、僕たちマジデコのスタイルです。

あくなき上質への欲求が僕らをそうさせる。

足場と職人は切ってはきれないものである

いい仕事は、いい足場が僕らの能力を引き出してくれる

 

今日までのお互いの信頼関係がこれからもずっとつづいていく。。

 

足場だって、職人が違えば組み方も違ってくる。

ライバルはいつだって、「自分の中にある慢心」である。

街の片隅で、今日も熱い想いと流した汗が、僕らとともに街をステキにしていくという

やりがいを胸に秘め。

僕らは彼らが仕事をしやすい足場を組んでくれるから、安心して仕事に打ち込めます。

そんな彼らとともに、使命感ともって街の景観創りを支えていきたいと強く想う

彼らの仕事に対する真摯な姿を是非、お客様に感じていただければと。。。

(監督談。。)

 

 

 

SANY0846.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0848.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1202.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1210.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1209.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1219.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0625.jpg

 

 

 

 

 

SANY0560.jpg

千葉市住宅街木部塗装作業風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市戸建住宅木部塗装作業風景 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

千葉市外壁塗装工事木部塗装作業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

千葉市外壁塗装木部塗装作業風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市戸建住宅木部塗装作業風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

千葉市家の塗装木部塗装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

千葉市住宅街塗装作業風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  千葉県住宅塗装木部塗装風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

千葉市外壁塗装木部塗装風景

 

 

 

 

 

 

千葉市外壁塗装工事雑部塗装状況 

千葉市住宅塗装工事雑部塗装状況 

千葉市外壁塗装工事雑部塗装状況 

千葉市外壁塗装工事雑部塗装状況     

  千葉市外壁塗装工事雑部塗装状況   千葉市外壁塗装雨樋塗装風景 千葉市外壁塗装雑部塗装状況 千葉市外壁塗装雑部塗装状況 

 

 

 

 

千葉県住宅街塗装現場風景

千葉県住宅塗装木部塗

千葉県外壁塗装木部塗装作業風景

千葉県住宅街塗装作業風景

千葉県家の塗り替え木部塗装現場風景

千葉県外壁塗装木部刷毛塗り

 

 

 

 

千葉県木部塗装刷毛塗り   

千葉県木部塗装ハケ塗り作業風景 千葉県木部塗装刷毛塗り現場風景 

千葉県塗装作業刷毛塗り現場風景 

 

千葉県塗装作業木部刷毛塗り

千葉県塗装工事木部塗装刷毛塗り作業風景

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長年の塗装現場で築いた流した汗はけして無駄ではなかった。

マジックデコは、親方(ディレクター)の28年の塗装の業が想いが

ぎっしりつまってます

親方の弟子の職人も長い年月を経てやがて職長となり、

親方の右腕、左腕としてしっかりとサポート。

安部親方の背中をずっと追いかけ、いつの日か追い越して

親方を安心させたい。職長(チーフ・ディレクター)には、熱い意志が業が

しっかりと受け継がれ

そんな彼らをさらに、塗装現場に

特化した監督がケアします。

その品質は、1グレード上のこだわりが

細部にいたるまでしっかりと刻まれて。。

 

嬉しかった。。。名前で呼んでくれて嬉しかったんだ。。。

 

 (デコレーション展示会)  

 

SANY0775.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0774.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0773.jpg

 

 

 

 

 

 

 

SANY0772.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1172.jpg 

 

 

 

SANY1166.jpg SANY1170.jpg 

 

 

 

 

SANY1135.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1138.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1156.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1157.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人の情熱

| コメント(0) | トラックバック(0)

SANY0792.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0793.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0794.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0795.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0800.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナノ コンポの空き缶 再利用です(笑)  屋根にナノコンポは塗りませんね?

  

 

SANY1121.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1113.jpg

SANY1146.jpg

SANY1122.jpg

SANY1121.jpg 

 

 

SANY1124.jpg

昨今では、塗装工事後の保証ということで

各施工会社尽力されていると思われます。

お客様から、塗装工事を検討され、業者選択の判断の重要なところの位置づけになっております。

 

ただ、「保証期間はどのくらいですか???」

相見積となったとします

A社 10年   

B社 5年

C社 7年

 

A社が保証期間が長いから A社に決めました (お客様談。。。)

 

ちょっとまってください!(監督談。。。)

 

各社の保証内容はご存知ですか???

 

。。。。。よくわかりません。。(お客様談。。。)

 

塗装工事の保証は、 塗膜の剥離 ・ 著しい変退色 という内容が多く

見受けられます。

 

正直、そうなりにくいというのが本音です。

 

無駄に保証期間だけ長くして、ただでさえなりにくい

 

なりやすい 木部・鉄部は免責の対象箇所になっている。。

 

弊社の保証も、そんなに違いはありません。

 

ただ、ここでひとつ言えるのが、

新築から一回目の適切な塗装時期については6年から7年くらいといわれております。

これは、初期の塗装がサービス塗装のようなもので 樹脂はアクリル塗料が多いからです

戸建て分譲住宅なんかまさに、アクリルスタッコかアクリルリシン。。

もちろん、サイディングなんかもありますけど

屋根のスレート(セメント系基材)アクリル塗料塗布。さらに、屋根についてはラインにてのスプレー塗

装。焼付けまでの高温にまで及ばない範囲でのサービス塗装です。塗料自体は10年もつものでは

ございませんと想われます。

 

よく考えてください。

 

新築後、10年の瑕疵担保責任でさえ 家の躯体に対してなのに、塗装が10年もつわけがございませ

 

そういう条件ですが、昨今、一回目の塗装の塗り替え時期が遅れている。。。

もちろん、お金がかかる時期でもありますが、致し方ないとこもあります。

気象条件は年々厳しくなっているのに、塗装時期が遅れている。。。

そういう現状で、業者に全ての責任を向けるのも少し違う気がします。

 

ここで、言いたいのは保障期間だけでなく、保証内容にも気をとめていただき

一回目の塗装につきましては、なるべく適切な時期のメンテナンスされることが

お客様にとっても得策であるということです。

塗装は元来、基材を保護するための役目です。

基材を再生するためのものではございません。

基材が痛まないための、人でいうお化粧のようなものであると思います。

これは、考え方がわかれますが、僕はそのように思います。

過度な保証期間を売りにしている業者様も見受けられますが

 

ここは、お客様に再度、このことを考えていただきたいところです。

 

保証もそうですが、依頼された塗装工事をアフターをださない工事が

結局は、業者にもお客様にも双方にメリットがあると思われます。。。

(監督談。。。)

 

 

どちらかの業者でお客様が塗装工事をされたとします。

今までの経験上、

 

施主様は、どちらの業者で施工されたとしても

よほどでないかぎり、職人さんが丁寧で、仕事もよかった。。。とコメントされ

ます。

 

要は、施工前から比べると塗装後は綺麗になりますゆえ。。。

恐らく90%以上の方がこのように答えられると思います。

直なところ、塗装工事中の仕事の良否はわからない。。。

との声が多いです。

塗り回数や乾燥時間なんかも、昨今の膨大な塗装工事に関する情報を

一般のお客様が的確な判断されるのは難しいからです。

塗装工事はわからないとの声をよく聞くゆえんもこのへんでしょうか

昔に比べて、インターネットなどの普及から情報が氾濫しすぎているからです。

遮熱塗料や塗料のもちなどについても、カタログ等をうのみにした

誇大宣伝が多々見受けられます。

これでは、お客様が混乱を招いてしまうのも仕方ありません。。

 

よくなかったとか、いまいちだったとか、この時点で言われてしまう業者さんは

努力が足りないとでもいいましょうか。。。

それは、僕らも含めていっております。

 

僕は、現場の移動の合間とか、現場調査や事務処理の時間みつけては

街の様子を見に行きます。

確か、この家は3年前に施工していたけど

あれ?もう、木部(破風板や幕板・その他装飾材がはがれている。。。

色があせている。。。

屋根が透けている

ムラムラになっている。。。

 

塗装した直後は、綺麗なのが当たり前です。

何年かたってから、その仕事がわかるのです。。

剥がれるには、剥がれる要因がありますし、

すけるにはすける理由があります。

色あせも同じです。

なるようにして、なっているといいましょうか。。。

 

剥がれていても、そのままの状態で何年も放置されている家もたくさんあります。

アフターにもこないから、現状を把握されていないのでしょうね

施工前は、工事の受注したいがゆえに、いいことそれはいうと思いますが

残念なことです。

 

僕ら、マジデコは、圧倒的件数の戸建て住宅街を監理、施工してきた経験から

剥がれやすい部位も把握していますし、剥がれにくくするための努力も都度してきております。

そして、なお、一年に一回の顔だしを含め点検にお伺いいたします。

 

施工後、何年かの他社施工邸と見比べて、やはりステキでいたいので

託された現場で、自分たちが納得できる仕事を納めるのです。

 

そして、約10年後に控えていよう、次回の塗装工事を依頼されて初めて信頼を勝ち取った

自分たちを褒めてあげるのです。(笑)

そして、当社施工邸の近隣の方からも、次は「マジデコさんにお願いするからね」なんて

言葉を頂き、感激に浸るのです(笑)

 

 

僕がよく聞くのは、色に対してのご不満がかなりのシェアを占めております。

 

塗装工事を失敗させないためには、監督・職人・お客様が三位一体となり

コミュニケーションを密にし、

 

イメージの刷り合わせ作業が大事になってくるのです。(別記事参照ください)

 

(監督談。。)

 

思い出しても

初めて好きな子に告白した日も

初めてデートしてディズニーランドに行った日も

女の子と初めていった花火大会も

やっとの想いで誘い出しドライブにいった日も

そして、その子に

「好きな人ができたからごめんなさーい」といわれて振られた日も

 

見事なまでに今日みたいな雨でした。。。。。

周りは、そんな僕を 天然、雨男。。。。と。。。。

 

朝からびしょびしょで会社に到着

 

あくっちゃんは、朝から張り切って現場に向かってくれています

今日は高圧洗浄です。

彼はいつも、始めると一生懸命時間を忘れて終わるまで昼もとらずに

朝から5時間くらい隅々まで綺麗にしてくれるんです。

いつも感心してしまいますが、そんな 熱い男 なのです。

 

あくっちゃん は。。。

そんな仕事への姿勢を見て施主様含め、現場近隣の方なんか あくっちゃんファンになっていただく

かたも多数いらっしゃるくらいです。

(監督談。。。)

弊社の特徴としては、まずその多彩かつ繊細な提案色と配色

 

僕たちマジデコの施工邸「作品」。そこには。色に対してもあくなきこだわりがある。

 

仕事で魅せて、応えてくれる皆が、僕の色に対するこだわりを叶えてくれる。。。

 

 

_94C3612.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1091.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0998.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1.ヒアリング 2.イメージング 3.提案 4.刷り合わせ 5.「オンリー1」カラーソリューション

 

 

 

SANY0999.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0997.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な住宅街で街並みや景観を考慮しつつ、お客様のイメージを具現化し多彩かつ繊細な色

にこだわり続け、日々センスを磨き、感性を研ぎ澄まし実践して圧倒的な場数とどんな色つかい

もこなしてきた経験と自信。色にこだわり続け、期待以上の色創りができる職人の調色技術と

センス監督の彩に対する感性とセンスに、職人の業のコラボレーション

 

僕らの「オンリー1」カラーが街をステキに彩ります

 

無限に広がる日々の色のイメージングが僕らの感性を高めてくれます。

                                          (監督談。。)

 

 

 

近年、塗料は年々厳しくなりつつある気象条件の変化等により

よりよいものが出てきております

昨今では、以前の撥水機能重視の傾向から親水性重視へと変革がなされてきております。

セラミック成分含有により、塗膜表面にセラミックの膜を形成し、雨等を利用して

油分をはじき、親水性(水になじみやすい)塗膜にて、汚れをおとす

セルフクリーニング機能 をうりにしている塗料を各塗料メーカーから精力的に開発されてお

ります

 

ただ、ここでひとつ大事なのがその効果の永続性

ずっと、この機能が働くのではございません。

あくまで添加剤的なものだと思いますゆえ。

 

僕としては、その永続性は立地条件、気象条件等により

左右されるとは思いますが、限定されると。

そのセルフクリーニング機能の優れている塗料としては

弊社がパートナー施工店でもある

水谷ペイント ナノコンポジットW 

この塗料は、使用後5年近く経過した施工邸を他のセルフクリーニング機能塗料使用の施工邸

と見比べてみても

その対汚染性は、別格。

その効果の永続性も他のセルフクリーニング機能を持つ塗料と比べて高いとみております。

 

ナノ技術を駆使した近未来型塗料はどこにも真似できない

技術のミズタニを印象づける最先端技術。

 

詳しくは、弊社、ナノコンポジットW 紹介欄参照ください。。

 

現時点ですと、この費用対効果でみても、ナノコンポが一枚上でしょうか?

メンテナンス性も含めてですけどね

 

 

一般的なセルフクリーニング機能の効果は、塗料の性質上ずっとではないと。。。。

そう想います

最近、かなり誇大広告やオーバートークが目につきますので、一言。。。

お客様に的確な情報を随時、発信していければと。。

まだまだ、勉強不足なとこと多々ありますが

                                        (監督談。。)

 

 

 

足場組み及び飛散防止メッシュシート貼り

SANY1199.jpg

 

 

 

 

 

施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1217.jpg

 

 

 

 

BIKE足場

及びメッシュシートも

専用仕様(足場の

間隔にあったもの)

 

垂れ幕は週末間に合いそうです

早くこーい!

顔なじみになった街の人から

よくこんな声を聞きます。

 

もっと早く来てくれたら、よかったのに。。。

 

営業にこないから。。。久しぶり!!

 

マジデコに頼めばよかった。。。次はお願いするからね

高い買い物しちゃったな?。。。

 

友達紹介します。。。

 

どのへんエリアまでいけますか??(施工可能エリア)

 

色に凄く迷っているんだけど??

 

そんな色たくさんあるんだ??知らなかった

 

色がたくさんありすぎてわかんない。。。ステキな色たくさんありますね!!

 

家のイメージがすっかり変わって、友達が褒めてくれるんですよ。。。

 

そんなに塗り回数多いのですか??

 

なーんでも、ご予算のことや意匠性塗装やりたいとか、色のことなどマジデコに相談してください!!

 

街の皆様の声から僕らの会社は生まれましたから!!!

 

最終的に、弊社で施工しなくてもよい会社を選択して

お客様の家もとより 街がステキになるといいですねと。。

 

僕ら、マジデコでは、ステキな街づくりの為、毎日現場で楽しく働いております。

 

僕らの夢は、

「マジデコ・タウン」「マジデコ・ストリート」なるものを、あなたの街で展開できるの日を夢みております。

だって、お客様が知らないステキな色がたくさんあるんですから

この家の形状や景観からみて、こんな色や塗装仕様がいいなとか。。。

考えただけで ワクワクしちゃいます。

(監督談。。。)

 

 

 

 

 

 

住宅街で塗装工事をしている業者さんは多々ありますが、

 

足場については、正直かなりあいまいでございます。

 

足場については、安全基準なるものがあるのですが

 

例えば、塗装職人が自分たちで組む足場。

 

抱き足場が実際多くつかわれているのですが、

 

そのへんを気にする施主様は意外に少ないような気がします。

 

足場の組み立て・解体については、塗装工事の中で一番留意しなげればいけない点だと

 

僕は想っているのですが、結構、スルーされております。

 

実際、僕らマジデコのスタッフでも組めるのですが

 

お客様及び近隣の方。そこを通る街の人の安全面ということについても

 

ちゃんとした足場を施工会社は組む責任があるのです。

 

何もなくてあたりまえなのですから。

 

僕らは、街の人に塗装工事をさせて頂いているのです。

 

施主様以外は、正直なところまったく関係ないのですから

 

それを近隣の方や街の人が工事に対して多大なるご協力いただいて

 

初めて無事工事が着工できるのです。

そして無事、竣工させる。

 

これが最低限のルール。。。

 

出だしの足場から国の基準満たしていない足場組んで。

 

もちろんそのほうが利益もでるでしょうが、それでは僕はいけないと考えます。

 

人のことはともかくとして、僕らの現場は、塗装工事に特化した足場職人さんと長年の信頼関係で

 

やってきておりますので、その辺は安心でございます。

絶対というのがないこの業界。

僕は、ヘルメットかぶることよりこっちのほうが大切なのではと。。。。。と考えます。

 

そして、組みあがった足場は、再度、僕もチェック。

 

ぐるりと登り下りして、足りないところ、職人さんが足場がないと作業しずらいところは

 

都度、作業中相談しながら付け足したり。

 

毎現場ごとに反省・是正です。

 

1グレード上のあくなきこだわりが、僕らの未来を創ります。

 

それが、僕らの技量を高めてくれます。

              (監督談。。)

 

 

SANY1215.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1211.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY1222.jpg

 

足場板なく

単管2側や1側は

足を踏み外したり

危険です。

実際、廻りにも

踏み外して仕事ができなくなった職人さんも見てきましたから。

 

マジデコは人財が

全て。皆の安全が

第一ですから。。

 

SANY1234.jpg

 

現場によっては

昇降階段も着けます。

足場職人さんの思いやりを感じます。

塗装職人さんが作業しやすいようにって

組んでくれました。

弊社では、職人同士の熱い絆が、現場を

盛り上げます。

 

 

 

 

SANY1216.jpg

 

あの海のむこうで

| コメント(0) | トラックバック(0)

僕らは、船の甲板で空をみあげていた。

夜空にちりばめられたたくさんの星たちが

海を照らし、月が見える頃、ほっとする。

慌しい雑踏の中で、時間と仕事に追われて

明日に追いかけられながら。。。

そんな日本での生活は、なんだか不思議に想う。

ここでは、時間がゆっくり流れ、風が雲が海が星たちと陽気な彼らの

笑顔と笑い声だけが、あの海のむこうで聞こえてくる。。。

 

続く

「ちょっといいですか??

すぐ来てください

気がついていましたか?

この壁のクラックから水が侵入して家が腐ってしまいます。

防水がきれています

おおごとになります」

ちょっとみてあげますから。。。。

点検は無料ですから。。。

 

等、よく言われるというセリフを街の人から聞き一部抜粋いたしました。

 

うーん。。。。僕は何もいえませんね はい

ご自分でゆっくり冷静に考えてみたらたぶん答えがでるのではと。

 

あくまで、街の人から聞いた話ですので。。。

僕もとある街で営業さんが一生懸命、インターホンからドアを開けてもらおうと必死で

いっているの聞いたことありますが

 

僕は、あとで、これは経年劣化だと思います。。。の一言だけいわせていただきました。

 

お客様は、なんだか安心していただいたみたいなのですが。。

 

 

 二重価格

   仕切り価格原価があり、相場以上の値段を提示して、二段階値引きにして

   

   クロージングを終結する技法。

   

   一段階目の値引き額を提示の際は、すでにその商品の価値付けがお客様との間に

   

   できており、購買決定の際に問題点を金額だけにしておく

 

   ジェットコースター効果により、こんなに安くなるんならと購買を決定する

   

   しかし、相手ははなからシュミレーションにて二段階価格にて落とせると計画されている

 

   そもそも、その商品に対する相場を知らない為に、判断が鈍る。甘くなる。

 

   見積もりを3から5種類くらい準備され、三枚目の見積もり価格を二枚目でいいですとか。

 

   よく使われる手口です。

   

   営業さんからすると、してやったりといったかんじでしょうか??

   

   相場をしらないことが全ての始まりです。

   

   見積もりに材料名や塗回数、メーカー名等の記載がない業者さんとかに多く使われる

   

  商談技法らしいですね。。。

 

   これも街の方々からの多かった声に対し、僕が知りうる範囲でお答えいたします。

     

これも街の人から多数お声を聞いた事例でございます。

「この壁に、上記等の外装材貼りしたら一生ものだからメンテナンス不要です。

初期は高いけど、先のこと考えたら絶対得ですから。」(営業マン談。。)

住宅街を見渡すと、少なからず、築10年以内のモルタル(リシン・スタッコ・吹付けタイル)に

上記、貼りものを施工されている方が見受けられます。

 

どのような経緯で施工されたかをきくと

いわゆる訪販の営業マンにしつこく勧められた等よく聞きます。

悪いとは、いいません。

 

どこで施工しようが何をしようがお客様の持ちモノですから

他人がとやかくいうものではございません。

最初から、貼りモノ仕様ならいいですが、塗装仕様の壁に貼りモノとかは。。

 

ただ、何もわからないから、不安な声で僕に相談されました街の方にはこう答えました。

壁だけ貼りものされても、他に塗りものを残したら、結局メンテナンスが必要です

 

屋根、破風、軒天(上げ裏)、水切り、霧除け、雨樋等 結局。

 

足場を架けなくてはメンテナンスができないところを残したら意味がないと。

一点豪華主義では、余計メンテナンスにお金がかかりますよ

それでしたら、10年に一度くらいの周期で、屋根・壁・木部・鉄部をいわゆる外装一式を

メンテナンスされいったほうが安価では??と。

家のメンテナンスは、これから白蟻駆除なり、水周りなり定期的にメンテナンスが必要になる部位が

出てきますから、限られたお金を有効につかっていただくためによく考えられたほうがよいですと。

 

ぼくなりの主観ですから、必ずしも正しいとは限りません。

参考程度で(笑)

 

これは、石材調塗材にも同じようなことがいえます。

みためばかりを気にして、石材調塗材を壁の材料に使用したはいいですが

肝心のクリアー塗布が定期的に施工されていないお宅も見受けられます。

クリアー塗布が防水の役目をしますから大事なのですが。。。。

 

 

10人いれば、10人なりの考えかたがありますから 

お客様にご相談されたら参考程度にしてくださいねって僕なりの考え方はお伝えできます。。

 

買い物ってほんとむずかしいですよね

(監督談。。。)

 

先日、故郷 宮崎に帰ったときに

私事ですいません。同棲している彼女(同じ町の人)のご両親に

「地鶏の旨い店あるっちゃけど、いぐか?」

と誘って頂いたのでついていきました。

僕らの故郷は、宮崎県川南町。10号線をはしっていくと、なんだか豚の匂いがしてきたら

たぶんそこが、川南町

旨い地鶏やさんは、隣町の高鍋町。

とある 居酒屋さんでした。

そこには、てんこ盛りの地鶏に なんと なんと

ニンニク!

これが、てげうまいっちゃが!!!一口食べたら、とまらなくて あっというまに

旨い旨いと

たいらげたとよね(笑)

 

年内は、仕事頑張って、来年年明けに正月休みとして帰省したときに

また、食べにいきたいとおもっちょります

てげ、楽しみやね        (監督談。。)

僕は、ほんとにたくさんの5000色以上からの色見本帳から

お客様に色をご提案いたしますが、

 

ここで大事なのが 上記にあげた刷り合わせ作業。

 

僕が扱う色見本長は色みが本当に多いので、

お客様の理想の色にかなり近いところで合わせられます。

 

ただ、それには

お客様のもっていられるイメージを僕に伝えていただく必要があります。

 

だからといってお客様は、ほんとお気軽に申しつけていただければ結構です

いろんな視点から、ヒアリングいたしますので

あいまいな感じでも そうじゃないとか もうすこし赤っぽくとか

そーんな感じで十分です。

 

こういうのは経験がものをいいますので、ある程度まかせていただければ

ナビゲートさせていただきます。

といっても毎回、お客様から勉強の場を頂いているので感謝しております。

 

イメージを具現化し、実際の色との相違を刷り合わせする作業が大切です。

 

ずっと住む家ですので、色は大事に決めていただくのがよかろうと思われます。

 

お客様と一緒に「オンリー1」の色彩を見つけましょう

 

こだわるのは、壁の色だけでなく 破風板・幕板などのいわゆる木部についても同じです。

 

夢が叶うならば、お客様の街ごとマジデコでデコレーションさせてください!(笑)

お客様が知らないステキな色、実はたくさんあるんです(笑)

 

                                      (監督談。。)

現場着工    

| コメント(0) | トラックバック(0)

明日は待ちに待った現場着工。

来週も着工あります。

忙しくなりますが、現場大好きな僕は恐らく、お客様以上に楽しみなのかもしれません。

 

実は、既に現場着工している現場もあるのですが

今の現場は築年数古い為、あえて現場風景は載せていません。

だいぶ痛み等でていた為、あまりそういうのは見られたくないお客様がいらっしゃいますので

ご了承くださいませ。

築15年以下の施工邸は、施主様のご了解いただいた上で現場風景として紹介させていただければ

と存じます。

 

話もどりますが、明日からの現場は、既存壁は、リシン 凹凸のとんがっているとこ含め(1?3mm)

意匠性装飾として厚み5mmにデコレーションです。

材料も手間も従来のローラー工法の2倍以上要しますが、街で一番ステキな家にするために

頑張ります。

近隣の方なんかはたぶんびっくりすると思いますよ

風景がガラッと変わりますから。

壁の色も5000色以上から施主様と一緒にセレクト。

ほんとに迷いに迷いました。そのかいあって、正直、ステキすぎる。。。。。。色に決定しました。

もちろん、日本の色ではございません。

 

弊社の提案色は、どれもステキだとは自負しておりますが (笑)

始まるまえから、僕らマジデコスタッフはわくわくして

僕なんか早く完成がみたくて みたくて

ドラマチックな作品になること間違いなしです。

 

街を見渡すかぎり、同じような家はありませんでした

もちろん「オンリー1」には、徹底的にこだわります。

住みたかった家が、夢がある方は是非、僕らマジデコにご相談くださいませ。

 

一緒に夢を見させてください。

僕は、マイホームもてませんけど、お客様の夢に あいのり させてくださいな

どんな家だって、僕らがお客様が家に帰るのを楽しみになるようなステキな家に

デコレーションして見せます。

 

(監督談。。。)

 

工事垂れ幕

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと新しいのをチョイス中です。

かなり目立つ今回のやつは、来週あたりに納品となりそうです。

街の方に、僕らを覚えていただけるように

 

お子様にも

「あっ  マジデコじゃん!」みたいなノリで世間話なんかにもあげてもらえたら光栄でございます。

 

だけど、僕らの現場にはよく近所のお子様達がお友達どうしで よく遊びにきてくれるんですよ

 

つい最近も、お子様から「いい色じゃん!」とお褒めの言葉を頂いた僕は、嬉しくて

舞い上がってしまいました。こんなこといってもらえると、僕の少ないお小遣いから

お子様にお菓子なんか買ってあげたくなってしまいます。(笑)  

                                        (監督談。。)

。。。。。。

バーのカウンターで、カクテルを傾けながら

かた想いにふけっていた。

あーでもなく

こーでもなく

結局、答えがみつからないまま。。。。

睡魔に襲われた。。。

この日は、クリスマスイブ。

いつものように仕事に行き

21過ぎに会社を出て

いつものように、コンビ二で寄り道して

扉をあけて

 

想い直して、さっきの道を引き返した

 

初めてだった。。。

告白されたのは。。。

子供の頃から、男とばかり群れて

それが楽しかった。

だんだん、廻りの仲間も異性を意識するようになり

気がつくと、みんな各々大切な人を見つけて

一緒に過ごすようになっていた。

一人の時間が以前より増えた。。

 

昨夜、あれは夢のような光景だった。

友達だと、思っていた彼女から

「好き。。。」と言われた。。

 

どうしていいのか?

僕は、いわゆる異性と付き合ったことがなかったから

つきあうとか、好きとかそういうのがよくわからなかった

 

いい歳して、彼女いない暦23年

 

バーのカウンターには、

コンサートのチケットが二枚。。。

僕もいつかいわゆるデートなるものをしようものなら

コンサートに一緒にいってみたかった。

これは、以前みた恋愛ドラマからの知恵であった。。。

不覚にもいいなって思ってしまったあのシーンに

 

今、まさに直面しているのだ

 

しかし、どんな顔して誘えばいいのかわからないし

クリスマスってのも、まあ なんだ

そんなことを考えているうちに深い眠りにつき

気がついたら2時間たっていた。

ふらふらと駅に向かい、帰路の電車に乗ったら

向こうから友達と歩いてくる彼女とバッタリ。。

 

「音楽っていいよね。この人のコンサートにいかないか?」

友達と一緒だったので、チケットを彼女に渡し逃げるようにしてその場から

 

恥かしいったら ありゃしない

 

昔みたドラマには、ほど遠い展開に頭をかきながら

深夜に彼女から電話があった。

僕は、どうやらきがつかなかったらしい。。。

25日夜、武道館の前。

ポニーテールにした彼女が現れた。

コンサート会場に入ろうとして、やはり想いなおして 

彼女の手をとり、散歩した。。。

イルミネーションに彩られた街並みを二人で歩いた。

何を話していいかわからなかったけど、彼女の顔をみたら

ニコニコしていた。

 

近くの公園のベンチに座り、気がついたら

彼女の顔がすぐ近くにあった。

ドキドキしていた。

気がつくと、僕らは二人寄り添っていた。

寒い夜だから、よけい二人の体温を感じた。

ずっと友達だと思っていた彼女が、とてもかわいく見えた。

コンサートにはいけなかったけど、

サンタクロースは僕にかけがえのないものを届けてくれた。

 

その年の大晦日の夜、除夜の鐘を聞いた。

隣には、髪を結わいたサンタさんからのプレゼントが

僕だけに向ける笑顔に、はにかんでしまう僕がいた。。。

 

 

 

 

 

食へのこだわり 

| コメント(0) | トラックバック(0)

マジデコの皆は食べるのがとにかく好きみたいです。

 

僕らのマイブームが

「卵かけごはん」

みんなこれにはかなりこだわりあるみたいで

各々、卵かけごはん専用醤油なるものを準備しているとのこと。

醤油もいろいろ種類があるみたいで、

みんな醤油についてもかなり

きき酒ならぬ、 きき醤油にて味くらべして

いまの お気に入りを見つけたとのこと。

 

 

 

あくっちゃん&しし君なんかは

「納豆」専用醤油 なるものまであるとのこと。

 

あくなき食へのこだわりといいましょうか

見事(笑)

 

なんだか、今夜卵かけごはん食べたくなってしまったかも (監督談。。)

 

 

 

とある街にて

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日、千葉市の現場によって

時間できたので、マーケティングに繰り出しました。

住宅街みると、ついつい嬉しくなってしまい

街の人の声を聞きたくなって、話かけたり。

 

街の人にヒアリングしました。

1. 塗装工事の金額について

 壁 3回塗り 屋根 3回塗りの相場で

 だいぶ高い金額を想定されていたみたいでしたので

 弊社でしたらの塗装仕様(材料のグレード・仕様・塗り回数)をずうずうしくも教えてあげました

 簡単に僕が試算しても、だいぶ高い金額をいわれてみたいですね

 まずは、相場を知ることがかなり重要です。

 上記にあげた 

 壁 3回塗り

 屋根 3回塗りりは  あくまでも、カタログに表記されている標準です。

 弊社におきましても、標準でやることはまずありません。

 

 いい仕事をしようと想ったら、塗り回数これじゃ少ないですよね

 

 2. 材料について

 かなりあいまいなとらわれ方で

 屋根もシリコン 壁もシリコン

 見積みても どのメーカーのどの材料かもわからない

 ただ、業者からはいい材料とかいわれたから。。。。

 こんな方が多数見受けられました

 シリコンもピンキリです。

 安いシリコンと高いシリコンでは金額差が2倍から3倍くらの差があります。

 (弊社他カテゴリ記載参照)

 

 僕たち、マジデコは、現場監督と職人のみのあえてシンプルな形をとることで

 間接経費をけずり、その分をお客様に還元します。

 

 よくありがちな、金額だけ安くする業者ではございません

 直接経費を厚くするためにこのカタチを見出しました。

 

 僕たちはいい仕事がしたいと10年もの歳月を費やして

 ファイナルアンサーとして このカタチがベストと判断しました。

 

 僕たちマジデコは、「オンリー1」にこだわります。

 

 僕らは夢を叶えるために、どこにも負けない絆を武器に立ち上がりました。

 

 どうか、塗装工事をお考えの際は是非、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も皆、現場お疲れ様!

腹ぺこの僕らに

親方が飯食いいこ!の掛声で

スキヤキにいってきました。

仲間で食べる鍋は最高です!

かにしゃぶは眺めるだけで今回 がまんしました(笑)

 

こんな親方だから、僕らはずっとついていきます

僕がもっともっっと頑張って、近い将来、かにしゃぶをお腹一杯たべさせてあげたいなって

想いました。(監督談。。)

 

 

SANY1188.jpg

 

 

 

 

 大食い選手権

ゆうき君 対 しし君

ごはん     ごはん

4杯        3杯

 

 

 

SANY1184.jpg

 

 

肉入れすぎ(笑)

野菜が沈んでしまいました

 

 

 

 

 

 

 

SANY1183.jpg

 

 

 

 

 

みんなだんだんお腹一杯になってきて、眠くなってきたみたい 

 

 

 

 

 

SANY1190.jpg

 

 

 

 

 

 肉食系男子対決!!

 

 

 

 

 

SANY1196.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 あくっちゃん。こうみえて甘党。  アイス大好物

 

 

 

SANY1198.jpg

 

 

 

 

 

 

 ししくんもアイス大好き

チョコ+コーンフレークの

トッピングに笑顔(笑)

 

 

 

 

SANY1195.jpg

 

 

 

 

 

 

 大のビール党。仕事の後のビールの時間が至福の時間

 

 

 

 

SANY1197.jpg

 

 

 

虫歯を心配しながらも

ゆうき君 アイス食べまくり(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

親方。ホントごちそうさまでした。

僕らお腹いっぱいで苦しいっす(涙)

放課後の教室で

忘れ物をとりにいった僕は

立ち止まった。

隣の席の子が僕の机に

何かを入れようとしていた

便箋みたいなものだった

普段はおとなしく眼鏡をかけていて

わからなったが

今、眼鏡をはずしている彼女を

目のあたりにした僕は

高鳴る胸の鼓動を抑えられなかった。

かわいい。。。。。

それが正直な感想だった。

 

今まで、見えなかった彼女の素顔に

僕はどうやら

一目惚れ。

どうして 今まで気がつかなかったのだろう?

彼女の魅力に

 

風邪をひいた僕が学校を2.、3日休むと

何もいわず「はいっ」っとノートを渡してくれて

 

ルーズリーフの切れ端に 小さな文字で

大丈夫??って書かれていた。

僕は、彼女の顔をみて ただ ありがとうって 

大丈夫だよっていった

 

そんな会話しかしたことなかったけど

優しい子だなっとは想っていたんだ

 

たしか、今日は2月13日。

 

僕ははっとした。。。。。

 

3月14日の舞浜駅の朝7時。

僕はそわそわしていた。。

時計ばかりみていた

右手には、あるものをもって。。

「おはよう! 声の向こうには

眼鏡を外して、お化粧した彼女がいた。

「僕とお えっと つきあってください!お願いします

大きな声でつい いっちゃった

 

くすくすと笑いながら

彼女は僕の右手をひっぱって

「ほら いこうよ ミッキーマウス待っているし」

返事の答えは、いらないのかもしれない

 

彼女の笑顔を独り占めできる喜びと

今年の誕生日も二人で、またここにこようねって

屈託のない笑顔を見せる彼女が

僕にとって大切な人って 気がついたから。。。。。

故郷の空  前編

| コメント(0) | トラックバック(0)

スカイネットアジア 東京行き 最終便のアナウンスがされ

足早に僕は歩いていた

親父の夢だった故郷に帰郷し、整体院を開くこと。

そして、この地で畑を耕し、無農薬とまでもいかないまでも

なるべく農薬をへらし、当時の悪がきたち(今はりっぱな家族の主)を集め

うまい鍋を食わしてやるんだっていってた

親父って料理つくれんのかよ??思わず、つっこみをいれたくなる

 

だって、彼が台所にたつ姿は、僕は生前みたことがなかった

カップラーメンすらも作ったことないのでは?

ラーメンばかり食べる僕を見て、

「おまえ そんな食生活ばかりしていたら、ガンになるぞ」

とよく叱責されていた

 

だけど、この病気は、たいがい大切な人に襲いかかるものと聞いていたが

やはりそうであった。

僕の父が、それらしい 症状が見受けられたときは、時すでに遅しで

ガン細胞はあっという間に父を襲い、僕らの意思とは反対に

荒れ狂うように父を蝕んでいった。

どんな親だって、家族らしい家族でなかったとはいえ

一緒に過ごした時間が少ないとはいえ

けんかばかりで会話がなかったとして

心通わせられなかったとしても

 

家族は、やはり家族だ。

 

母とも7歳で別れ、家族もバラバラになり、兄弟の顔さえもわからなくなってしまったとしても

家族は家族である

今、隣に母がいたとしても僕の記憶をいくら辿っても顔も声も記憶の闇へと消えていったものは

振り返っても取り戻せやしない

 

ましてや、男が子供を抱えながら仕事をしていくのは想像以上に大変だったに違いない

 

いっつも強がってばかりの親父の背中が小さくみえてしまうようになったのは

いつの頃からだろうか?

 

僕の夢も、遠い記憶の闇に消し去った家族の面影を辿り、

25年以上前に見た楽しかっただろうと想われる あのシーンをせめてもう一度見たかった

 

けして、かなうことのないはかない願い。

けして、口がさけてもいえなかった想い。

 

今更ながら、いえるようになったのは自分でも たまにおかしく想う。

僕も年を重ねたからだろうか?

 

塗装の仕事を永くやっているのも

いろんなご家族とのふれあいから あの日に忘れてしまった 「大切な何か」

を見つけるためになのかもしれない。

 

幼少を過ごした、この故郷の地にこれるようになるには

長い歳月を要した。

気持ちの整理がなかなかつかなかった。

あのわだかまりも今、思えばくだらないプライドだったと想う。

 

人はなんでこう 素直になれない生き物なのか?

 

素直になれたら どんなに楽なのか?

 

僕は、搭乗口へと向かった

あの場所

| コメント(0) | トラックバック(0)

幼馴染の女の子

あいつ。。。今頃。どこにいて、何をしているのだろうか?

ときおり、思い出しては、消え。。日々の雑踏の中にあの日の面影を忘れていく

僕はこの日、25歳の誕生日を迎えようとしていた。

彼女とも2年前に別れ、今日も仕事を終え帰ろうとして時計を見たら、21時を過ぎようとしていた。

24歳もあっという間に過ぎ去り、だけど素直に25歳を受け入れたりもなかった。

24歳はあまりにも平凡に終わりそうだ

 

会社を出ると、新任の女の子でつい最近転勤でこっちに来た

よく見ると顔はかわいいんだけど、いつも不機嫌そうだから近寄りがたかった

3週間たつけど未だにろくに口をきいていない

その子がロビーにいた

なんか気まずいので

 

「お疲れ様」 声をかけると

不機嫌そうに僕をみる

「遅いわよ。あんた、どうせ予定もないんでしょ?」

失礼なやつだ。。

見た目もつんけんして、最初みたときから向こうはじろじろ僕をみながら

ばかにしたような目でいつも僕をみていた。

「何なんだよ、さっきから!」

「俺だって予定の1個や2個あるよ!そういうお前こそ、こんな時間まで何しているんだよ

「デートする相手もいないのかよ?かわいそうに」

 

「いるわよ!」 髪をアップにして赤いゴムで留める彼女に

 

僕は目を疑った

 

も、もしかして あ あいつ??

 

「あんた、誕生日でしょ?どうせ 相手もいないでしょ?」

 

「あたしがあんたを祝ってあげる

「てか、あたしのこと忘れていたでしょ?想い出した?」

 

「。。。。。。ごめん。」

 

「あの場所であんたから聞いた言葉に時効ってある?」

 

「あたしをお嫁さんにしてくれるんでしょ?」

 

「いい女になって待ってたんだけど、あんたがあまりにもじれったいから。。」

 

時計が0時を過ぎる頃、僕らは、二人歩いていた。。。

 

そこには、しっかりと手を繋いで。。

僕の25歳は、なんだか悪くなさそうだ

 

来年になったら、あの場所に二人でいこう

その時は、右手に指輪を握りしめて。。。。

 

あの日の約束を叶えるために。。。。。。。。

 

マジデコからの オンリー1 カラーのご提案  

  写真撮影ありがとうございました。監督より確実に写真撮影のセンスありですね(笑)

千葉外壁塗装日本ペイント塗料施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市緑区外壁塗装工事施工例

 

 

天気や時間によりシーンに合わせて

家の色が変わります

 マジデコからの プレゼント 

 

 上の写真と オレンジの色みが違いませんか?

魔法の配色なんて (笑) (監督談。。)

 

 

 

 

千葉市緑区外壁塗装施工風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉市緑区塗装施工例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケティング

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、現場調査のみで比較的時間があったので

とある住宅街の街の人の塗装についての声を聞きたくて

マーケティング兼散歩をしました。

聞いた声によると、とかく営業が凄くて街の皆様はうんざりしている様子でした。

何回断っても、しつこくくるとのこと。

あとは、オーバートーク。

素人みたいな営業さんが、今すぐやらないと家がだめになるとか

防水が切れているから水がしみこんで腐ってしまうとか

聞いていると、あきれるようなことばかり。

 

街の皆様。営業の方のいうことはあまりきになさらずに。

 

今でもこんな営業の方がいらっしゃるのですねっと 

まあ 勉強になりました。

僕も今まで延べ1万人以上の方の声を聞いているはずですが

正直、塗装の営業ってわからないのが本音です。

僕の場合は、自己紹介はしますが

営業らしいトークはしませ。

大きな金額がかかることですし

塗装が必要なことは施主様が十分にお分かりになっていることでしょうし

こちらからあえて どうのこうのということは失礼では?という考えです。

マジデコの紹介にとどめて、お客様の声をきいて、自分の人間性と塗装にかける熱い想い。

そして、住宅街をステキにしたい想いだけ伝えて。

僕らは高級住宅街に特化して修行を重ねてきましたから

 

当然、自分たちの仕事には誇りをもっていますし、他社様の仕事ぶりと見比べてもらっても

どこにも負けない自信もあります。

だけど、結局は最後はお客様が選ぶことですから。。

 

僕らは、街の人に受け入れてもらい永く安心してその街に根ざし街づくりに携わりたい想いが強いものですから、

 

いつか塗装をお客様がお考えになられたときに、僕らを選んでいただけるように

日々、いい作品を作ることに尽力しています。

僕らの仕事ぶりを見て、お客様が自分の家もこんなふうにステキになるんだって夢をもって頂けるよう

な仕事。

それが、僕らの デコレーション に集約されます。

一軒でも多く、僕らはデコレーションしたい。

僕らならこんなカラーリングにする。街を見ながら、僕らはいつも夢見ています。

 

街を素敵にするって、カッコいいじゃないですか?(笑)

 

僕らは、これからも オンリー1 を目指して

街の人に応援してもうえる会社を目指していきますので宜しくお願いいたします。

 

現場の合間に 監督の浜谷が皆様の住む街で、僕らの自己紹介だけさせて

いただきます。

 

街の皆様のご迷惑にならないように細心の注意を払いますので

 

気がついたこととかございましたら、遠慮なくどうかご指導ご指摘のほど

宜しくお願い申しあげます。

九州男児の誓い

| コメント(0) | トラックバック(0)

マジックデコ立ち上げにあたり

力を貸してくださったたくさんの方々。

その方々に受けた恩は一生忘れません。

 

そして、その想いに応えるべく この 負けず嫌いの九州男児

厳しい市場に立ち向かうべく

勇気をくれる皆に応えたくて

そして、自分を信じてくれる人のために

そして、まだ見ぬ自分の果てしない可能性を開放する為に

頑張ります。

 

かけがえのないマジデコの皆の笑顔を護るために。。。

そう想うと

仕事が楽しくてたまりません。

努力はけして裏切らない

絶対、最後の最後まであきらめず

 

皆で希望を明るい未来を切り開こう!!

(監督談。。)    

先日、完成した僕らのデコレーション。

街の景色をも一変させ、人の気持ちをも変える いい仕事ができました

これもひとえに僕らに託していただいた お客様と協力して頂いた近隣の皆様や

街の皆様のおかげです。

僕らからの感謝の気持ちをカタチでお客様にお届けするために

本日また出来上がった作品を見てきました。

凄く眩しく街に映えていました。

本当にありがとうございました。

 

字はうまくかけないけど、一生懸命気持ちを伝えたいという

皆の(職人)姿に僕は心打たれました。(監督談。。。)

 

漢字かけなくたって、ひらがなだけだって 気持ちはきっと届くって。。。。僕は想います

                                              (監督談。。)

  千葉市外壁塗装工事お客様への感謝のカタチ

本日、大阪よりわざわざ弊社にお越し頂きました。

 

水谷ペイント株式会社 

代表取締役社長

代表執行役員 営業部統括部長 水谷様 (社長) 直々に挨拶に来てくださいま

した。遠方より、施工店の為にここまで来てくださり、塗料(遮熱・ミズタニ製品)の

ことなど僕らに色々教えてくださいました。

 

心から御礼申し上げます。

そして、これからも宜しくお願い致します。

 

 

親方と僕はその姿に感動を覚えました。

本当にありがとうございました。

 

水谷ペイントナノコンポジットWパートナー施工店認定風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水谷ペイント社長来社風景

メッセージ

| コメント(0) | トラックバック(0)

言葉にできない この想い

感じてよ この気持ち

見つけてよ このトキメキ

気づいてよ 僕の勇気

季節とともに変わりゆく

君の髪型に

とまどいながら

迷いながら

それでも

変わらない君のまっすぐな眼差しに

今日も惹かれゆく

振り向けば 君の笑顔に

気がつけば僕のここに

眩しいシーンを脳裏にかすらせ

春が来たら君に伝えよう 

言えずのココロを

あの夏。僕らは確かに一緒にいたんだ

あの日、まっさら青空の中、髪をかきあげた君の横顔を見た僕は。。

 

君の住む街を知りたくなって

学校が終わると僕は、バスであの日の場所にむかっていた

あえるはずがないのは知っていたけど慟哭に突き動かされ

僕には、あの横顔が忘れられなくて

 

人を好きになることなんてもう二度とないと思っていた。

もうあきらめていた。

 

屈託のない顔で クスクス笑いながら

「気持ちいい風ですねって」いい 僕の顔を覗き込み、不思議そうな目でほほ笑む

 

「あたし、今度引っ越すんです

「父の転勤で、別の街へ行くんです。この街のあの風景も、もう見れなくなるって思って、忘れたくな

いから、脳裏に焼きつけておくんです (笑)」

 

僕は、ポカーンとした。

 

なんだろう この感じ。。。。。。

 

僕は、その時まだわからなかった

この出会いが僕にとってかけがえのない時間をもたらしてくれることを。

 

あれから 15年。。。。。。。

お父さん、おかあさん。。早くいこうよー

 

僕の手を引き、外に飛び出そうと 娘がはしゃぐ

 

おかあさん!はやく。はやく。

「ちょっと、まって。向こうから妻が来る」

あの街がいつか僕らの故郷になっていた。。。

隣には、あの時の君と僕らの子供が

 

今でも僕は、あの時の君と初めて出会った場所にふと。。

君の住む街が、僕らをたぐりよせ

 

今の幸せを。。。。。。

あの横顔は僕は今でも想いだし、たまにハニカミながら。。。

 

今を実感するんだ。。。。。

 

 

 

千葉市外壁塗装工事風景昨日、足場解体しました

デジカメにて写真を撮ろうとしたら

目が点(涙)

電池を忘れました。。。。

職人さんたちが皆、一生懸命足場をばらしてくれました。

お疲れ様でした!次こそ写真を

 

そのうっぷん晴らしで、本日とりまくりました

親ばかかもしれませんが、僕らの作品がもう

かわいくて かわいくて ほんとなんでこんなにかわいんでしょうか?

お客様の家ですが、まるで自分の家みたいにもう嬉しくて嬉しくて

ここに堂々完成。事務所で写真を見た 僕らは思わずニンマリ。

 

あくっちゃんなんか本当喜んでましたよ

おっ イイ感じ!!仕事のこだわりを語ってくれました

本当お疲れ様です。

 

お客様も大変気に入っていただいたようで

 

 

僕らのデコレーションいかがでしょうか??

 

親方が今日、デッキを保護材料を塗布してくれました。

現場に来た 親方の あの嬉しそうな顔。

現場を見ながら、うなずいていました

でも、親方の理想は遥かに高いようです。

あくなき向上心に再度、心打たれました。

 

お客様に 「安部さん」って呼ばれている風景みて

 

僕は 本当に嬉しかったですよ

 (監督談。。。)

 

千葉市緑区家の塗り替え完成 

時間帯によってほんとに色が違って見えるんですよ

 

監督 浜谷のかけた 

色の魔法(笑)に

 

ときめいてください(笑)

お客様によく聞かれますが

これもよく認識として

油性塗料は石油が含有されているけれど

水性塗料は石油など入っていないからエコである。

そういう認識をされている方が多いですが

 

水性塗料でも石油は使われている

 

ただ、 油性塗料に比べると少ない  ということになります。

詳しくは、弊社ホームページのコンテンツ 未来の為に 参照

 

僕らが仕事していく以上、その裏側では残念ながら環境を汚しているのが

事実であります。ただ、環境への取り組みとして、未来の為にこんな僕らでも

できることがある。

それで、施主様と手をとりあって

施工完了後に、日本より急激な環境破壊で広大な森が失われつつある

 

バリ島の森を再生するために僕らは木を植えていこうと想いました。

 

関係者によると 塗装業界初の取り組み らしいのですが

 

常に地球温暖化に対峙している僕らの業界ですらこの現実。

 

僕の記憶では一昔前は、30°を超えると猛暑といわれていたあの時代から

はや数年で 今の状況。明らかに温度は上昇しているし、中国からの偏性風などの影響もあったり

梅雨といわれるものが近年変化を見せ

 

6月が空梅雨となり、夏に雨が降り、春に雨が重なり、秋に雨が重なる。

よく塗装するにはいつの時期がいいですか?と聞かれますが判断が難しくなってきました。

 

昨今、空前のエコブームとなっていますが ネームだけが先行してる感も否めません。

石油を使う代わりに、何かできることはないか?

マジデコでも今後の課題でもあります。

街の皆様と一緒に何か、僕らでもお役に立てることがあったら逐次取り組めていったらと

スタッフ一同同じ考えであります。今後とも宜しくお願いいたします。 

                                          (監督談。。)

 

 

千葉県だけでも

たくさんの住宅街が存在します。

 

千葉市、市原市、佐倉市、東金市、四街道市、茂原市、成田市、八千代市、船橋市、習志野市、

市川市、八街市、柏市、松戸市 その他諸々いろんな街で仕事をしてきました。

 

僕は今までたくさんの住宅街で街の皆様とご家族の方と触れ合いながら外壁塗装工事に携わって

きました。今までもこれからもこの先ずっとこの仕事を続けたいと。このメンバーで。

 

今日、施工邸の足場解体がありました。

いつもの道を曲がり施工邸にいく景色が今までと一変し、そこはまるで違う街にいるかのような

錯覚におちいりました。

施工前のグレーとベージュの壁が、そこに表情を保ち、オレンジとピンクの素敵なハーモニーで

施主様のご家族を包み込む。玄関から、施主様が素敵な笑顔で嬉しそうな姿を見たとき、

僕は 僕らは、ただただ 心震わせて。。。

お客様を見守りながら、職人としての喜びに、仕事を通じて芽生えた感情に、僕らに託していただい

たご家族の方に、円滑な工事のためにご協力頂いた近隣の皆様、散歩中に目があい笑顔で挨拶を

してくださった街の皆様に

 

心からありがとうございました   と感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

作品が完成するには、足場から始まり、コーキング打ち替え、塗装工事と そこに

は僕ら職人の足跡がしっかり刻まれています。

仕事を通じ、僕らの名前を覚えて頂き、一人の人として向き合って頂いた喜びは

うまく言葉に表すことができません。

 

お客様と僕ら(監督と職人)と街の皆様が手をとりあって、初めていい作品が仕上がり

それが街の景色になっていく。こんな素敵なことはありません。

 

僕らマジックデコはこの仕事に誇りを持ち、まだ見ぬ街やご家族を含め街の皆様にお会いできるのを

心待ちに楽しみにしております。

今までの出会いを大切にし、営業が 塗装どうですか?という従来の仕事のとり方でなく、スタンス

でなくお客様と職人がしっかりコミュニケーションをとり心を通わせ、塗装を考えているお客様が

この人たちだったら安心して任せれると街の皆様に受け入れられ、応援して頂けるのが夢です。

 

 

 

千葉市若葉区マジックデコレーション職人の絆

 

 

 僕らの足跡が街の景色になるって胸をはって言えるように

 

 

 

 

 

よい仕事がしたいという職人本来の姿と マイホームを想うお客様の夢は、

両者が歩み寄り、想いを重ねることで叶えられる。

 

 

それが、僕たちの「 デコレーション 」なのです

 

 

はっきりいいます。僕はマジデコの彼らと仕事できるのが 僕の誇りです。

こんなにお客様想いで、 仕事が大好きで誇り高き彼らに

 

どうか熱い声援を送ってあげてください。

お客様の想いは、仕事で応えます。僕も皆と助け合いながら、お客様が住む街をこれからも

もっと素敵になるよう尽力いたします。

今後とも宜しくお願いいたします。

 (監督談。。。。)

 

 

弊社に寄せられた多数のご相談

 

 

現状色を勧められているけれど、実は色を変えてみたいと想う

 

雑誌や映画やドラマなどで見た憧れの家があるけど、うちは無理かな?合わないのでは?

 

日本塗装工業会の約300色や塗料カタログの標準色の色見本からしか色は選べない

     または 選択肢がない  

                だけど、気に入る色がない

 

色見本帳のちっちゃな色のサイズじゃイメージできない

 

思っていた色と実際塗られた色が違う

 

色見本帳ではいいと思ったけど、実際塗られた色は目もあてられない 現色に近い

 

相談しても不安?施工店から安心できる回答がない

 

家の色に木部の色がマッチしない

 

壁と屋根の色のバランスが悪い

 

担当者に色をまかせたら、センスが感じられない

 

施工前のほうがよかった

 

 

マジデコは考えます。

もちはモチ屋さん。

普段の業務でどれだけ経験を積みセンスを磨いてきたか

どれだけ街の景観や色についてこだわってきたか

できるとやっているは違ってきます。

施主様は何の塗料で施工されているか、塗料のグレードとかもご存じですが

廻りの方は、施工邸をみたからといって何年か経ってみないとその工事が良かったか?

とか塗料のモチなどわかりません

 

街の人が想う工事の良し悪しは

カタチから捉えられる

 

まず最初に目に映るのが 色

 

僕想うに、    塗装は  色が大事

 

色がもたらす、さまざまな心理効果は計り知れません。

オンリー1 の色彩にこだわり続けるのは

お客様にとっての、ご家族の大切な家だから

たったひとつだけの かけがえのない家族だから

圧倒的な現場数をこだわってきた僕らがお客様を全力でサポートしますから

素敵な デコレーションを一緒に創りましょう。。

 

 

そんなたくさんの想いでがいっぱいの家を

これからもたくさんの素敵な想い出を作っていただきたいと想って

ついつい 想い入れが

 

 

例え、現状色でいいっていう方へも マジデコではやはりこだわっていかせていただきたいなと

ベージュでもアイボリーでもブラウンでも色はみんな違うんですよね

色には僕らからのメッセージが込められています。

どんな家だって、街で一番素適にしたいのです!!

小さい家だって、大きな豪邸だって家の価値にはなんら優越なんかありません。

ご家族がそこで一緒に過ごし、たくさんの素敵な想い出が一生の宝物のはずですから

 

 

(監督談。。)

 

 

 

今日も安部親方・あくっちゃんにて

現場で汗を流してくれました。

いつもお疲れ様です!(監督談。。。)

塗装日和のいい天気でした。

 

千葉市緑区外壁塗装工事現場風景

クリーニング中

 

阿久津君のズボンの色 

壁の色

似てますね!

親方の写真とりそこねました(涙)

 

千葉市緑区塗装工事現場

 

ご家族の大切な想い出に

僕らからの贈りもの。。。

街の景観に

僕らの足跡を残したいから。。

 

 

 

 

「オンリー1 」 カラーソリューション   by  マジデコ

 

近隣の皆様、街の皆様

工事中臭気などでご迷惑をおけしましてすいません。

また、お客様や皆様のおかげで

工事をさせて頂きましてありがとうございました。

 

今日は遠方より、ゲストの方が弊社の施工邸やらマジデコの現場に

来ていただきました。

帰り際には、お子様が僕に笑顔で手をふっていただき僕は

嬉しくて仕方ありませんでした。もう、あの笑顔が かわいくてかわいくて(笑)

 

本当にありがとうございました。

スタッフ一同感激です!!

千葉市緑区あすみがおか現場風景

 

素敵な「デコレーション」をお約束致します。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

千葉市緑区あすみが丘家の塗り替え現場風景

 

 

あまりの変わりように前を通る方が皆様

振り返ってみていただいてます。

 

僕らの「デコ」が街を彩る

   

 

このページのトップへ

マジックデコレーションオフィシャルブログはこちら

Copyright © 千葉の外壁塗装なら。magic decolation inc. All right reserved.