外壁塗装,家の塗り替えを千葉で選ぶなら千葉市の外壁塗装チーム「マジックデコレーション」へ

マジックデコレーション

外壁塗装千葉の作業の様子
  1. HOME
  2. マジデコBlog
  3. 外壁塗装工事の時期の目安「外壁の汚れ」 撥水性から親水性へと推移

外壁塗装工事の時期の目安「外壁の汚れ」 撥水性から親水性へと推移

塗り替え工事の時期の目安として、

一番わかりやすいのは、その汚れ。

外壁への視認性からもその塗装工事への必要性がわかることでしょう。

以前は、撥水性が重要視されてきた背景がありますが、時代の流れか

近年は親水性が重要視されています。

塗料メーカー各社が、セラミック複合技術を駆使した塗料開発に力をいれています。

その一方で、屋根のパイオニアメーカーである水谷ペイントが外壁塗料として

世界初のナノテクロジーを駆使した

ナノコンポジットWという製品を開発したのが記憶に新しいです。

塗装監督の私も、毎日が勉強ですが、いまだ知らないことがたくさんあります。

日々、学び、教わり住宅塗装のマエストロを目指し奮闘中です。

至らない点がありましたら、どうぞご指導いただけたら幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

親水性塗料の台頭で、メンテナンスサイクル、コストの軽減において大きな変化が

起きようとしております。ただ、その親水効果については、限定的であるがゆえ、これからの

課題となりえるかもしれません。ナノコンポジットW。この塗料は、光触媒塗料との比較に

おいて、そのメンテナンス性などの優位点からメンテナンスコスト削減に貢献します。

その粒子の細かさから従来おとしきれない汚れなども雨水を利用しておとしてくれ、

さらにその効果の永続性は一般的なセラミック変成塗料と比較しても、頭ひとつ抜けている

のではと。これは、私の経験談(塗装後、6年以上経過による汚染状況比較)からお話させて

いただいております。

(監督談。。) 

written by magic_deco ( 2010年2月 7日 02:12 )

このページのトップへ

マジックデコレーションオフィシャルブログはこちら

Copyright © 千葉の外壁塗装なら。magic decolation inc. All right reserved.