外壁塗装,家の塗り替えを千葉で選ぶなら千葉市の外壁塗装チーム「マジックデコレーション」へ

マジックデコレーション

外壁塗装千葉の作業の様子
  1. HOME
  2. マジデコBlog
  3. 外壁色の希望色(イメージ)と実際の色の差異(ズレ)が生じる事例

外壁色の希望色(イメージ)と実際の色の差異(ズレ)が生じる事例

弊社マジデコで、現在、外壁色の御相談をいただいております

新築時の外壁色を一部好きな色に変更したかったので

地元の塗装業者に依頼した模様。

色は赤系の色。

玄関扉廻りの壁。

既存色はグレー系。

イメージしていた、やりたかった色でなかったので再度、塗装しなおしたいと

相談いただいております。

 

反省点

1.認識の差異の原因は、お客様の立場にたった十分な説明が不足していたこと。

2.塗装業者の色に対する目利きが不足していたこと。

3.日本塗装工業会の色見本帳で小さな塗り片にて安易に決めたこと。

4.十分な色の打ち合わせ、ヒアリングもあまりせずに工事を進めてしまったとのこと。

5. 初めからお客様のイメージを違う認識でとっていたことから全てが起因している。

 

 

 

要約すると、大きな点でいえばこんな感じです。

塗装の仕事に携わっても、普段経験していないことはやはりできないものです。

その後、塗装業者数社に問い合わせしたけど、どこも対応できずに

廻り巡って弊社マジックデコレーションへとお問い合わせいただいたようです。

 

仕事の大小ではなく、必要とされることを意気に感じます。

 

ベース部分はサイディング。一部、モルタル スタッコ。

アクセントとして赤系の色みを入れたかったとのこと。

イメージの写真を拝見させていただきましたが、僕なりに

お客様のご意向は把握しました。

十分なヒアリングと双方の認識のすり合わせの相互確認で

幾重にもチェック。

 

ヒアリングを重ね時間を要していたとしても、色のトラブルは起こりがち。

それほど、外壁色の色の認識のずれは塗料メーカーの差異、塗料の仕様の差異、

担当者の差異、人が違えば色も見え方が違ってくる。

それだけ、難しいものです。

塗料によっても、艶のあり、なし、グレード・水性・油性・模様によっても異なってみえる外壁色。

 

現在、お客様のイメージの赤の色を探しております。

本件、早期の解決に努めさせていただきます。

住宅塗装における外壁色のご相談も、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

written by magic_deco ( 2010年7月28日 23:49 )

このページのトップへ

マジックデコレーションオフィシャルブログはこちら

Copyright © 千葉の外壁塗装なら。magic decolation inc. All right reserved.