千葉市・四街道・東金・習志野・大網白里の外壁塗装工事は精鋭一級塗装技能士ギルド千葉県住宅塗装チーム「マジデコ」。腕利きの塗装技術者が結集!顧客満足度にこだわった塗装工事が口コミ・評判です。


建売・注文住宅・工務店・ハウスメーカーの
サイディング住宅にお住まいの方必見!

失敗しないサイディング外壁塗装

家の外壁に使われる材料は、塗り壁・モルタル・タイル・レンガ・ALCなど様々な物がありますが、サイディングは その内の、外壁に張る板状の外壁材の総称です。
外壁の下地に直接取り付けるため施工性が高く、様々な外観のものが用意されているため、近年外壁材では特に人気が高まっています。

サイディング外壁の劣化の過程
外壁の劣化、紫外線、酸性雨、温度変化によるダメージ、塗装直後
サイディング外壁の劣化を防ぐには
適切なシーリング加工が必要です!
シーリング加工とは

シーリング加工に必要な条件

・長期的に防水性能を維持する事
・住宅の美観を損なう不具合を発生させない事

外壁の継ぎ目や窓周りなどにあるゴムのような柔らかいご素材で、雨等の水の浸入を防ぎます。
【シーリング加工】と表記する理由は、その品質は一律ではなく、シーリング工事に携わる人的要素で左右しうるからです。
シーリング部材・副資材も多種多様存在しますが、それは、あくまでも材料にすぎず、多種多様なサイディングにシーリング工事に携わる職人の技量・センス・知識・性格・経験値を含めた職方しだいで、その品質は差が出るのです。
モルタル壁の家と違い、サイディングにおいてのシールの処理は、重要度が異なります。一軒一軒異なる、各種サイディングにおけるシールの現況を的確に判断し、
専門領域を持って対峙できるか?否か?
各種ハウスメーカー・工務店他、塗装する時期も構造・仕様も異なる、

一軒一軒の基材の状態に差異があるサイディングを的確に見れる「目利き」がどれだけ大切かということです。


「施工不良」も多い
サイディング外壁のシーリング加工・・・
その原因はどうして起こるのでしょう?

チェックポイント、シーリング劣化が起こりやすくなる原因とは?

施工の問題

□早すぎる、手間をかけないシール工事
□十分な乾燥時間を設けないシール工事
□「目利き」のない技量がない作業員が行うシール工事
□マスキングテープ貼りが雑なシール工事

□シール材の準備段階及び天候(使用状況・環境)を無視したシール工事

□不具合・無知・状況判断に欠けるシール工事
□目地・サッシ廻りの打ち替え・増し打ちだけでしかないシール工事
□現況・経年を直視しないシール工事

建物、材料の問題

□目地・釘・構造の適切な施工を理解していない
□硬化状況の正しい判断ができていない
□各種材料の特性を理解していない

□永遠のテーマ!塗料とシーリングの相性の諸問題

□サイディングを理解していない

これらは全て職人の技量・レベル・経験値によって引き起こされるのです。

シーリングの劣化の過程

1.硬化

劣化の初期段階がシーリングの硬化です。 本来、シーリングは弾力があり建物の動きに合わせて伸縮しながら、隙間から建物内への雨の侵入を防止してくれます。 これが固まってしまっていると更なる劣化につながります。

2.亀裂・ヒビ

シーリング自体に亀裂が入ってしまっている状態です。 小さなヒビに見えますが、シーリングの内部で大きな亀裂や隙間になっていることもあります。

3.はがれ・隙間

シーリングの部分はがれや大きな隙間がある状態です。 本来ならばシーリング材と外壁材はくっついていて雨の侵入を一体で防いでいるのですが、隙間ができていると雨などの水分がどんどん建物内に入り込めれる状態となっています。

4.剥離

シーリング材が剥がれ落ちてしまいます。 シーリング材が完全に剥離してしまい、本来入っていたバックアップ材と呼ばれるシーリングの裏当て材が見えてしまいます。


このような状態になると 雨漏りや、
外壁自体の 劣化を招く原因となります。

シーリング打設の流れ

1.状況判断

シーリングの状態をしっかりとチェック。ご予算に応じて、最適な提案を致します。

■シール目地(幅・深さ)を注視しながら、懸念事項を目利きしで見極めしっかり考察
■サイディングの現況を多方面・多角度から考察し専門的見解を考察
■経年からわかる事象をしっかりと把握したうえで、専門的な技術・知識に置換・判断

2.既存シーリングの除去

劣化したシーリングをキレイにはがします。シールのみみもできるだけ除去に努める。サイディングボードに古いシーリングが残らないように削ぎ落とします。

■シール目地(幅・深さ)を注視しながら、懸念事項を目利きしで見極めしっかり考察
■サイディングの現況を多方面・多角度から考察し専門的見解を考察
■経年からわかる事象をしっかりと把握したうえで、専門的な技術・知識に置換・判断
手抜き業者は、シール撤去が半端なまま、上からシールを充し、それを隠ぺいします

3.目地の形状を確認

目地(幅・深さ)を注視しながら、懸念事項を目利きで見極めしっかり考察。

4.三面接着防止剤を設置

シーリング材が目地底とサイディング材×2の3つに接着していると動きに追従できなくなり、剥離の原因になってしまいます。
各種ボンドブレーカー・バックアップ材等の使用用途を理解した上で二面接着是正処理を行います。

手抜き業者は、判断力の欠如、経験不足、目利きがない、無知あるがゆえ、ここをスルーします。
何もせずに、そのままシールを充填します。またはここを隠ぺいします。

5.マスキングテープを貼る

目地の形状に合わせ、知識・経験値の基づく適切な処方を施します。サイディングボードの表面がでないよう、きっちり貼ります。

■マスキングテープの貼り方ひとつで以後のシール作業の段取り・仕上げの程度、のちの掃除等に起因するくらい大事な作業です。
■各種マスキングテープの特性。優位性を理解した上で基材毎・用途に合ったテープを使用します。
手抜き業者の見極めは、このマスキングテープの貼り方ひとつでわかります。一番差がつきやすいところ!

6.プライマー散布

プライマー(下塗り材)をしっかり塗っていきます。シーリングの密着性を高める重要な作業です。使用するシーリングによって選ぶプライマーは変わります。

■プライマーの塗布不足は早期剥離等を引き起こす要因等になります。
■適切な分量のプライマーを専用刷毛にて丁寧に目地底・目地開口部に塗布していきます。
■プライマーの目地部以外への飛散等は、のちに数々の塗装欠陥を誘引します。

7.シーリング材の充填

サイディングの塗装で重要となるシーリング剤。シールメーカー・材料毎の差異を十二分に理解した上で適切な使用を遵守します。アクリルシーリング・ウレタンシーリング・シリコンシーリングなど、原材料によって、耐久性や値段が変わります。またメーカーによって1液(カートリッジタイプ)、2液タイプ(硬化材添加) 変性タイプ(一般的に変性シリコン)と種類がある他、塗料との相性も考慮しなければなりません。

■エアーが入らないように注意する(エア噛み等に注意)
のちのシール及び塗装施工不良を引き起こします。
■二液(硬化剤)タイプのシールを利用時は、十分な撹拌時間を設けます
撹拌不足・分量の入り間違い・ミス等にて、シーリングそのものの質の低下を招きます。

8.ヘラ押さえ

ヘラで空気を押し出しながらしっかりとシーリング剤をボードに密着させます。

■各種ヘラを使い、用途に合わせ適切な処方を施す
■耳を残さないように気を付けてへらを使う
手抜き業者は、指でやったり、手間の抜きどころ。
ここがあいまい。仕上がりにもその差ははっきりとでます

9.マスキングテープをはがす

シーリング剤が固まる前にマスキングテープをはがします。 目地の形状に合わせ、知識・経験値の基づく適切な処方を施します。

■マスキングテープの貼り方ひとつで以後のシール作業の段取り・仕上げの程度に起因するくらい大事な作業です。
■テープのりの残存はのちの塗装欠陥を引き起こします注意して取り組みます。
■テープを剥がすタイミング・剥がし方ひとつで仕上げ面が変わります。

10.完成・清掃

サイディングボードなどに付着したシーリング剤があればキレイに除去します。

チェックポイント、サイディング外壁塗装の重要項目

□ シーリングに関わる作業の質が、塗装業者により
ばらつきがあり・品質に差が出ます。※一律ではありません
□ シーリング工事の手間が塗装業者により差異があります。
□ サイディング外壁においてのシーリング工事が
手間の抜きどころなので要注意。
営業サイドで打ち替えを謳い、現場の実際は増し打ちするなど

手抜き業者と良質な業者と見極めが大事で
 隠ぺい・ごまかす業者も多く本来必要な工程・手間を抜き、スルーするが
工事写真の箇所のみきちんとした施工をする事でごまかしたりします。
(全体はその作業はやっていないが、写真を撮るとこだけやる等)

□ カタログ表記・ネットや業界の噂と実際が異なること多数
□ シール打ち替え・増し打ち後は最低、3日は乾燥養生期間を設けます。
  (表面乾燥と内部乾燥は異なります)
 ※その間は、外壁に、塗料を塗布することはありません
   別作業にて、外壁取り合い一切関与しません

 

見積もりフォーム

株式会社マジック・デコレーション
【千葉県住宅塗装チーム「マジデコ」】

264-0002
千葉県千葉市若葉区千城台東2-9-6

電話番号 0120-84-4447
FAX番号 043-497-3227
URL:
メールアドレスinfo@magic-deco.jp
マジックデコレーション
Copyright © 千葉の外壁塗装ならmagic decolation inc. All right reserved.