外壁塗装ー千葉なら千葉市の一級塗装技能士が結集した塗装チーム「マジデコ」。現場全員一級塗装技能士は当たり前。お客様の立場にたった顧客満足度にこだわった塗装工事が口コミ・評判です。

  1. HOME
  2. サイディング塗装をお考えの方へ

家の外壁に使われる材料は、塗り壁・モルタル・タイル・レンガ・ALCなど様々な物がありますが、サイディングは その内の、外壁に張る板状の外壁材の総称です。
外壁の下地に直接取り付けるため施工性が高く、様々な外観のものが用意されているため、近年外壁材では特に人気が高まっています。

窯業系サイディング

セメント・木片をプレス成形したサイディング。非常に多くの意匠があり、ほとんどの外壁がこの窯業系サイディングになります。表面に塗装を施したものがほとんどです。

金属系サイディング

ガルバリウム鋼板や、アルミ鋼板といった 金属で出来ているサイディングです。金属なので意匠性(凹凸など)の高いものはコストが掛かりますが、近年ではブリック風の物などが人気です。

※他、木質系のサイディングなどもありますが、一般的ではないため割愛します。

先ほどご紹介した2種類のうち、金属製のサイディングは高い耐腐食性を持っているため、日光による紫外線の被害をあまり受ける事が無いのですが、窯業系サイディングでは表面の塗装が紫外線や酸性雨によって劣化してしまうと、サイディング本体が吸湿してしまい、急速に劣化が始まります。
壁表面を手で擦ると白い粉がつく現象(チョーキング現象)はその劣化のサイン。
さらに劣化が進むと、高圧洗浄の水圧に耐えられないほどボロボロになってしまいます。
サイディングボードは工場出荷時、塗装されているものがほとんどですが、その塗料が安価なアクリル塗料であった場合、 早ければ新築時から4-5年でチョーキング現象が始まります。
(アクリル塗料の耐用年数は4年程度と極端に短いため)

サイディング塗装のお見積りで金額が大きく変わってくるのが下地処理の範囲、程度、そしてコーキング部分の処理になります。コーキングの痛みが軽度の場合、打ち増しという方法で、傷んだコーキングの上にシーリング材を盛り対応出来ますが、コーキングの痛みが激しい場合はすべてを「打ち替え」ます。古いシーリング材を剥離し新しくシーリング材を注入します。シーリングの工事範囲をどこまで見ているかも重要です。シールの範囲はサッシ廻りと目地だけではないからです。

ワンポイント補足説明

サイディングの塗装で重要となるシーリング剤。アクリルシーリング・ウレタンシーリング・シリコンシーリングなど、原材料によって、耐久性や値段が変わります。またメーカーによって1液(カートリッジタイプ)、2液タイプ(硬化材添加) 変性タイプ(一般的に変性シリコン)と種類がある他、塗料との相性も考慮しなければなりません。マジックデコレーションでは、現況の劣化状況を基に、塗装職人が付帯業務としてサイディングのシーリング工事を行うのか?専門のシール職人がシーリング工事を行うのか?他、シーリングに起因する工事範囲を塗装仕様を含めどこに予算に投じるべきかを戸建住宅窯業サイディングの塗替えに精通した施工管理技士がしっかりと多彩な塗装工事仕様提案をさせて頂きます。

上の図はサイディングボードと、家の躯体(家の骨組み)の断面図です。コーキングはサイディング ボード同士を繋ぎ、防水性、密着性を高める(シール、シーリング)のが仕事です。
家は強風や地震の際に動くように出来ています。
ボード間を充填してあるシールは経年劣化による目痩せ、家の動きによる隙間等が生じます。

コーキングが剥がれたからと言っても、
それがすぐ雨漏り等につながるわけではありませんが、通気を確保する為の胴縁というサイディングボードを固定している
木材の劣化や、家の構造上最も大切な躯体の劣化は避けられません。胴縁が入ってない直貼りタイプもあります。

予算を抑えたいのであれば、早めの塗り替えをおすすめ致します。適切な塗装時期であれば コーキングの増し打ちで済んだものが打ち替えが必修となったり、
クリアー塗装でも良かったものが、サイディングボードの経年劣化、色褪せ等により 塗りつぶし、または目地を利用した塗り分けが必要となったりします。

サイディングは塗装も重要ですが、コーキング部分のメンテナンスは塗装と同等、場合によっては それ以上に重要です。

ここまで長々と説明させて頂いたのは、サイディングは通常の塗装よりも、「判断」しなければならない 項目が,基材、シール、建材、多岐に渡る知識・経験・目利きを有さなければならないことが多いということをお伝えしたかったから。塗装の劣化具合、コーキングの傷み具合、場合によってはボードの下の躯体部分にまで、ご提案のための調査を致します。 「判断」は言い換えると「目利き。」職人直営店のマジックデコレーションは、延べ1500件以上の 千葉県の住宅塗装に関わり幾多の塗装現場、特に違いが出やすいサイディングの良質な塗装工事への目利きを鍛えてきた窯業サイディングの塗替え工事の経験豊富な施工管理技士である私、浜谷の「目」、そして、サイディングの塗り替えにおいて重要なシーリング工事のシールの目利きもわかる施工管理の「目」、塗装歴30年以上をはじめとした塗装現場責任者:一級塗装技能士×6名の「目」、サイディング補修、張替までも担当するベテラン板金職人、付随作業が生じる専門職人で、家の状況を目利き現地調査&ご提案をさせて頂いております。(マジデコの他社との違いはこちら) マジックデコレーションでは、一般的な外壁塗装も同じですが、サイディングの塗装では特に、 何社かの相見積と、ご提案をしっかりと比べることを強くおすすめしております。千葉県内のサイディングの塗装施工邸を見てみると塗装後、数年にて塗装欠陥のまま 放置されております施工邸を多々見かけます。サイディングの塗装工事のおいては特に知識、経験が必要とされますゆえ注意が必要です。塗れないサイディング、塗装すると剥離の原因になる基材なども存在しますゆえに。各ハウスメーカー・工務店の多岐に渡るサイディングへの塗替え工事経験を重ね、検証を重ねてきたノウハウ。日々の塗装業務を常に見直し、反省・研究・是正を繰り返しながら、最新技術・最新事例・日進月歩に及ぶ建材と常に学んで現在に至ります。 ハウスメーカー様や工務店様の修繕担当及び建築士などの有資格者などがわかりかねる雨漏れの検知などの実績も豊富。


お問い合せはこちら

[ 施工エリア ]

千葉県・千葉市 [ 若葉区、緑区、中央区、稲毛区、美浜区、花見川区 ]市原市、袖ヶ浦市、木更津市、君津市、東金市、茂原市、長生郡、山武郡、山武市、八街市、四街道市、佐倉市、印旛郡(栄町、酒々井町、印旛村、本埜村)、八千代市、印西市、松戸市、成田市、富里市、鎌ヶ谷市、船橋市、習志野市、市川市、浦安市、東京都(江東区、江戸川区など一部)の住宅街、住宅の塗装。外壁塗装

このページのトップへ

マジックデコレーションオフィシャルブログはこちら

Copyright © 千葉の外壁塗装なら。magic decolation inc. All right reserved.