千葉市・四街道・東金・習志野・大網白里の外壁塗装工事は精鋭一級塗装技能士ギルド千葉県住宅塗装チーム「マジデコ」。腕利きの塗装技術者が結集!顧客満足度にこだわった塗装工事が口コミ・評判です。
バルコニーデッキ・スカイデッキ・フェンス

ウッドデッキ塗装各種木部保護塗装・補修工事お任せください!

ウッドデッキやバルコニーデッキ・スカイデッキ・濡縁・ラティス・
フェンスなど屋外のガーデニング木部は、夏の強い日差しや風雨、
冬の積雪・乾燥などに一年中さらされているので
どうしても傷みやすくなり、塗装してから数年もたつと表面の
色褪せが目立ったり、塗膜がはがれたりします。
当然、表面だけでは防腐・防カビ他効果はあまりありません。

ウッドデッキ塗装

木部保護塗料を木目に含浸させ、木製品内部に沁みこませるのが目的ですから
当然、奥行くがある分乾いたスポンジのごとく、木部保護塗料を吸い込みます。
木部保護塗料の塗装では、1回塗では足りないことが多く、2~3回程度の量を吸うこともあります。
『現況』とその『効果』を考えられば、わかることもあります。

ウッドデッキは、こまめなメンテナンスが耐用年数を大きく左右します。

特に建売戸建住宅の備付のデッキ等を含めた木製品は、
意匠性重視の標準的安価な木にて
中々の規模・規格で作られているのが大半です。
定期的にメンテナンスしても腐食してしまうこともあり、
新築~10年以内に腐食してしまっているケースが多々あります。
それは、木の材質に起因しているところも往々にしてあるのでしょう。

また、業界内でも誤情報も多々あり、
噂や誤情報では10年以上もつとか謳われていたりします。
例:レッドシダー等のデッキでも10年も持たないことは
  過去の実例でも多い。
当然、それ以下のスペックの木部などは、5年~10年の間では
無傷のままで経年を迎えることは少ないのです。

メンテナンスなどを考えてないで安易に
大きなウッドデッキ・スカイデッキや
バルコニーデッキ・枕木もどきの枕木風の木を
門周りやましてや土中に埋めてしまったり、
木製フェンスを大規模で展開してしまったり、
ただ、設置、作成だけで、後の手入れ(木部保護塗装他)を
考えてない家はたくさんあります。

木部製品で本当に怖いのは、
腐食等した木製品の放置等による
二次被害『シロアリ等の』被害なんです!

近隣及び周囲の住宅にて木製品を腐食放置を多々みたことがあります。 その後、どうなったかは想像したくない程です。デッキ塗装の調査や腐食したデッキ補修工事を承ると、シロアリの存在を目にすることも少なくありません。防蟻処理を含めて、木製品のメンテナンス放棄は、それらの被害を誘発しやすいです。 もしも、定期的にメンテナンスできない場合、メンテナンスを行なわなかったゆえに木部製品の腐食が進行し補修費用がかかるとなった際、場合によっては樹脂や別素材への切り替え、又は勇気をもって解体しその後の処理は、時をみて、また様々な案を検討することで良いのです。 また、定期的メンテナンスできないなら、解体してしまうくらいでも良いのです。

ウッドデッキの腐食
こんな症状ありませんか? デッキの裏表に青いカビが生えている,板が反ってきた 塗装が剥がれてきている,板が一部、腐食してきた 板の凹凸が気になってきた,釘・ビス等の留め具が錆びてきた・抜けてきた・取れてきた ささくれが出てきている,デッキ、フェンス等が傾いている このまま放っておくと、木の腐食・構造的問題から劣化の進行がどんどん進み、破損や割れなどにつながります。 これらを防ぐには定期的に木部保護塗装を含めたメンテナンスする必要があります。 塗装だけでなく、木部の補修・補強工事も承ります! ウッドデッキの塗装もマジデコにお任せください。
ウッドデッキ塗装実績多数!
ウッドデッキの塗装の施工事例
塗装エンジニアの腕に左右される刷毛による細部の塗装も自信があります!
ウッドデッキの塗装の作業風景 ウッドデッキの塗装工程 1.調査・診断,2.前処理,3.剥離 既存の塗膜をきちんと剥がします。■塗膜が残っていると、新しい塗装に影響がでるので除去を徹底します。形状に合わせ、知識・経験値の基づく適切な処方を施します。■木部を注視しながら、懸念事項を目利きで見極めしっかり考察■ウッドデッキの現況を多方面・多角度から考察し専門的見解を考察■経年からわかる事象をしっかりと把握したうえで、専門的な技術・知識に置換・判断 4.汚れ落とし,5.塗装,6.完了 ムラにならないよう、刷毛で木目にそって丁寧に塗装していきます。■ローラーとは違い、刷毛は塗装エンジニアの力量で仕上がりが違います。■豊富な木部の塗装経験で木材、木目の状況を判断します。塗膜を剥がした後、木部をキレイに洗浄します。■洗浄する事で木部に塗料がなじみやすくなります。 要注意!痛い塗装職人の木部保護塗装の諸状況
各種ウッドデッキに代表される
木部保護塗装経験・段取り・習熟度不足等によりリスク管理ができない。

塗装養生の程度・範囲・細かさが甘く、後で掃除が前提の塗装作業。汚したら落ちにくい等、
全ての塗装作業がおおざっぱ。当然、塗装後を見ると、塗料が基材と基材の合間に入っていなかったりします。

専門職人は、刷毛ひとつとっても
約3種類程度の刷毛を使い分け塗装作業に従事

木部保護塗装は、経験スポーツのようなもの。
別荘や公共施設・幼稚園・遊具や輸入住宅スウェーデンハウス等における
細かな木部保護塗装の塗り分けを得意とする木部保護塗装専門チームを有する弊社マジデコ「ウッディーズ」。

当然のごとく、一軒やのある程度の規模の濡縁・フェンス・デッキくらいしか塗装経験がな職方とは異なります。
早くて丁寧、そしてうまさがある。それが当たり前。

目利きに秀でる塗装技術者勢での対応化

ただの義務的要素で仕事で割り切る作業員的感覚で木部保護塗装を塗るか?で経年は明らかに違ってきます。
塗回数・塗り方・塗料の使い方・その他差異があります。




見積もりフォーム
株式会社マジック・デコレーション
【千葉県住宅塗装チーム「マジデコ」】

264-0002
千葉県千葉市若葉区千城台東2-9-6

電話番号 0120-84-4447
FAX番号 043-497-3227
URL:
メールアドレスinfo@magic-deco.jp
マジックデコレーション
Copyright © 千葉の外壁塗装ならmagic decolation inc. All right reserved.